北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

野外ライブはChageさん・7月28日にてっしフェス【名寄】

 てっし名寄まつり実行委員会(実行委員長・吉田肇なよろ観光まちづくり協会会長)の第1回会合が14日に「よろーな」で開かれた。今夏の「てっしフェスティバル」は、7月28日午後1時から天塩川河川敷で開催される。恒例の野外ライブには、「CHAGE and ASKA」「MULTI MAX(マルチマックス)」のメンバーで、現在はソロ活動を行っているシンガーソングライターのChage(チャゲ)さんが出演。子ども向けイベントや恒例の花火大会で盛り上がる。

 てっしフェスティバルは、名寄神社例大祭(名寄まつり)などを含めた「てっし名寄まつり」のメインを飾るイベント。毎年、天塩川河川敷(曙橋下流右岸)に特設会場を設置し開催され、市民を中心に多くの近隣住民が足を運んでいる。同実行委によると、昨年の入り込み数は約2万人。

 野外ライブは、午後3時からのオープンリハーサルを経て、午後6時10分からの開幕を予定。パワフルなステージで盛り上がる。この他、地元地域からは「名寄朔北太鼓」「ひまわりちびっこ隊」「北鼓童&名寄市立大学」などが出演を予定。

 ステージ外イベントでは、名寄青年会議所主管による子ども向けイベントとして、「子ども縁日」と「ウオーターランド」を計画。ウオーターランドは、河川敷の土手の傾斜を利用した「ウオータースライダー」(幼児から小学生対象)の他、新企画として「ウオーターサバゲー大会」(小学生対象)を計画。これは1試合3分、3人対3人の対戦形式で行われ、頭に金魚すくいの網「ポイ」を付け、水鉄砲で打ち合うという。

 花火大会は午後7時40分の開始予定。総体で40分程度にわたり花火を打ち上げる計画で、子どもから大人まで、花広い年代の地域住民で盛り上がる。

関連記事

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

名寄新聞

明かり楽しむ多彩な仕掛けを・2月15、16日に下川アイキャンM【下川】

 「しもかわアイスキャンドルミュージアム」は、2月15、16日の両日に開かれる。例年、金曜日からの3日間だった開催日を、今年は土・日曜日の2日間に短縮。会場も、多彩な催しを行う「フェスティバル」に...

名寄新聞

GW明けに宗谷本線観光列車・今年は「花たび そうや」【名寄・美深】

 JR北海道は、5月8日から6月7日までの毎週金・土・日曜日に宗谷本線で観光列車「花たび そうや」号を運行する。今年は自社車両の「山紫水明」シリーズ2両編成を使用し、期間の前半は旭川~音威子府...

十勝毎日新聞

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ【上士幌】

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...

室蘭民報

開拓民具展で農具や氷式冷蔵庫など50点を展示【伊達】

開拓民具、時を超え  伊達開拓民具展が伊達市梅本町のだて歴史文化ミュージアムで開かれている。仙台藩亘理伊達家が移住時に持ち込んだ生活用具や開拓で使用した農具など約50点が来場者の目を引いている。...