北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

河川85% 水位計なし 増設へ「今後も検討」【十勝】

帯広川に設置された水位計。計測されたデータは水位局などを経由して道庁に転送される

 道が管理する十勝管内の河川で、水位計の設置が約15%にとどまっている。水位計は河川氾濫などの災害時の住民避難指示の判断基準にも使われており、道では昨年の台風災害を受けて、中小河川でも設置を検討していく方針だ。

 水位計は河川の水位情報を把握する装置で、水防活動や住民避難の判断材料として使われている。帯広建設管理部は、水防団が出動準備をする「水防団待機水位」を一定程度越える水位となった段階で、「水位周知河川」に指定されている15河川19カ所に該当する自治体に対し、ファクスを通じて連絡を入れている。

 同管理部によると、道が管理する管内河川で水位計がついているのは全223河川中、34河川42カ所。過去の水害発生場所など水防上重要とされる地点から優先的に設置している。1カ所当たり約4000万円という高額な費用も設置が進まない要因という。

 昨年の台風時に水位計が取り付けられていなかったパンケシントク川(新得)では、昨年秋に設置。水位計が流されたペケレベツ川(清水)でも来年度に追加設置される予定で、道建設部維持管理防災課は「今後も現地状況の把握を行い、設置に向けて検討していく」と話している。

 国管理河川では設置が進み、管内16河川のうち15河川で取り付けられている。

関連記事

函館新聞

若者特化のコワーキング「D-SPACE」開設【函館】

 グローバル・エデュケーション・デザイン(藤澤義博社長)は12日、函館市杉並町8のオカダビル1階にコミュニティ&コワーキング・ラボラトリー「D-SPACE(ディー・スペース)」(菊地優代表)を開...

函館新聞

函館どつくで今年最後の進水式【函館】

 函館どつく函館造船所(函館市弁天町)の今年最後の進水式が13日、同造船所で行われた。約300人が見物に訪れ、パナマの海運会社が発注した新造船「レミーエンタープライズ」(2万1550トン)の雄姿...

釧路新聞

市職員が考案の納税キャラ、ネットで話題【釧路】

 釧路市の納税課が生んだキャラクター「おさむ(仮)」が、「見た目の衝撃がすごい」とインターネット上を中心に話題を呼んでいる。インターネット交流サイト(SNS)内では「釧路に興味を持った」などと肯...

日高報知新聞

旅した時代を振り返る【平取】

【平取】英国の女性旅行家イザベラ・バードの来道140周年記念シンポジウム「写真でたどるバードの道」が10日、町内二風谷の沙流川歴史館で開かれた。イザベラ・バードの道を辿る会主催。  バード女史は明...

日高報知新聞

「飲酒運転根絶宣言事業者」

 飲酒運転根絶を一層推進するため、日高振興局は9日から「飲酒運転根絶宣言事業者等登録制度」の登録事業者の募集を開始した。この制度は道と道警が連携して行う道内で初の取り組みで、12月から登録証の交付を...