北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

今年は4億7千万円目標に【浦河・様似】

本格稼働に入った夏イチゴの共同選果場=17日、浦河町の共同選果施設=

【浦河・様似】ひだか東農協(本所・浦河)が運営する浦河と様似両町にあるイチゴ共同選果場が、17日から同時に本格稼働に入った。今年のイチゴの生育は順調で「品質も良い」(同農協)という。共同選果は11月末まで続く。

 ケーキなど加工用の「すずあかね」を主とした両町の夏秋採りイチゴは日本一の生産量を誇る。

 浦河町の選果施設は平成26年(2014年)浦河町堺町東1に「いちご共同選果場」を開設。その後のイチゴ増産で選果処理能力が限界にきたため29年(2017年)秋、様似町緑町の農協様似事業所内に「様似いちご共同選果場」を新設し、2施設で稼働している。

 両町で生産のすずあかねは、果実崩れの少ない酸っぱさが残る主に洋菓子用の夏イチゴ。30年度(2018年度)のすずあかねの販売額は2町40戸で約4億2770万円だった。

 今年の両町のイチゴ生産農家は、新規就農者5戸(離農農家3戸)を加え42戸(浦河町23戸、様似町19戸)。栽培面積は前年から8%増の6万5767平方㍍に拡大し、生産量は28%増の267・7㌧(前年実績208・9㌧)、販売額は10%増の4億6975万円(同4億2773万円)を目標にしている。

 浦河の選果場は今月4日から農協職員による少量の選果が始まり、17日からはパート作業員39人の態勢で日曜日を含め10月末ごろまでフル稼働となる。

 17日には浦河で650㌔、様似で350㌔の約1㌧が選果場に運ばれ、色や形、大きさなど厳密に見極め、丁寧にケースに詰める作業に追われていた。

 様似町の選果場も同日から18人のパートで本格化している。2施設の共同選果は11月末まで続き、7月中旬ごろから8月と、単価が上昇する9月中旬ごろに選果のピークを迎える。

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス