北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

25キロ徒歩行進に臨む自衛官候補生たち

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で自衛隊家族会による激励を受ける様子も見られ、候補生42人は仲間と励まし合いながら道のりを歩き抜いた。

 4月の入隊以降、自衛隊員としての基礎的な訓練を積んできた候補生たち。野外行動の基本となる集団での徒歩移動の仕上げに臨んだ。背のうや小銃など16~20キロの装備を身に付けて歩行する。達成することで候補生の自信につなげ、隊員としての基礎的な能力を養成する。

 17日午前8時40分に行進を開始。途中、「ゲリラ」による隊列への発砲も想定し、行進の途中でも警戒心を解かない一団。交差点などにもまず偵察要員を送り、安全を確かめてからの進行を励行した。

 15キロほど歩いた先で大休止に入った候補生たち。靴を脱いで足を休め、昼食を取った。

 この間、候補生の佐藤竜生さん(18)は「これまでに学んだことや同期との絆も深めてきた。苦しくはないです」と語った。山崎矩義さん(30)も「この訓練は自衛官としての基礎。これからの過酷な訓練の始まりと思っています」と気を引き締めた。

 自衛隊家族会苫小牧支部が恵庭、苫小牧市内から入隊した候補生の家族と共に、激励の思いを込めたスポーツドリンクを差し入れた。家族と語り合う時間もあった。

 苫小牧市の木村美貴子さん(54)は四男(18)が入隊。「たくましくなり、急に大人になってびっくり。きっちり育てていいただきました」と感慨深げ。自身が阪神淡路大震災で被災経験があることから「当時、『千歳』と書かれた自衛隊の救援車両を見て感動しました。自分の息子が誰かを助けることができればうれしいです」と話した。

 候補生たちはつかの間の休憩を終えると、残り10キロ先の移動場所へ行進を再開した。

関連記事

根室新聞

地元ビッグバンドEPJO サッポロ・シティ・ジャズ出演決まる【根室】

世界的トランぺッター 日野皓正さんと共演  根室のアマチュアビッグバンドEPJOが、10月に札幌文化芸術劇場hitaru(ヒタル)で開かれるサッポロ・シティ・ジャズ2020のシアター・ジャズ...

根室新聞

議会のICT化に研修 タブレット端末の活用など【根室】

 議会改革を進める根室市議会(本田俊治議長)は、議会活動のICT化に向けた研修会を7日午後1時半から議場で開いた。研修会では「タブレット端末を利用した議会活動について」と題し、ペーパーレス議会...

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は...

苫小牧民報

道9区次期衆院選候補に松橋氏 共産苫小牧地区委

 共産党苫小牧地区委員会は11日、次期衆院選道9区(胆振、日高管内)に、党北海道委員会委員の松橋千春氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。  松橋氏は同日、苫小牧市見山町の同委員会事...

苫小牧民報

ウポポイ開業1カ月。来場3万5000人 博物館4割見学せず、入館制限の影..

 国がアイヌ文化の復興と発信の拠点として白老町のポロト湖畔に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)は、12日で開業1カ月を迎えた。アイヌ民族をテーマにした初の国立博物館を中核とした施設の来場者は、...