北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

25キロ徒歩行進に臨む自衛官候補生たち

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で自衛隊家族会による激励を受ける様子も見られ、候補生42人は仲間と励まし合いながら道のりを歩き抜いた。

 4月の入隊以降、自衛隊員としての基礎的な訓練を積んできた候補生たち。野外行動の基本となる集団での徒歩移動の仕上げに臨んだ。背のうや小銃など16~20キロの装備を身に付けて歩行する。達成することで候補生の自信につなげ、隊員としての基礎的な能力を養成する。

 17日午前8時40分に行進を開始。途中、「ゲリラ」による隊列への発砲も想定し、行進の途中でも警戒心を解かない一団。交差点などにもまず偵察要員を送り、安全を確かめてからの進行を励行した。

 15キロほど歩いた先で大休止に入った候補生たち。靴を脱いで足を休め、昼食を取った。

 この間、候補生の佐藤竜生さん(18)は「これまでに学んだことや同期との絆も深めてきた。苦しくはないです」と語った。山崎矩義さん(30)も「この訓練は自衛官としての基礎。これからの過酷な訓練の始まりと思っています」と気を引き締めた。

 自衛隊家族会苫小牧支部が恵庭、苫小牧市内から入隊した候補生の家族と共に、激励の思いを込めたスポーツドリンクを差し入れた。家族と語り合う時間もあった。

 苫小牧市の木村美貴子さん(54)は四男(18)が入隊。「たくましくなり、急に大人になってびっくり。きっちり育てていいただきました」と感慨深げ。自身が阪神淡路大震災で被災経験があることから「当時、『千歳』と書かれた自衛隊の救援車両を見て感動しました。自分の息子が誰かを助けることができればうれしいです」と話した。

 候補生たちはつかの間の休憩を終えると、残り10キロ先の移動場所へ行進を再開した。

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...