北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

豊富に水揚げされている今季のヒメマス

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206匹と現在の集計法になった1998年以降最多を記録。関係者は異例の釣果に驚きを見せ、今後の安定的な漁獲を願っている。

 湖に出た船は3・4%増の1309隻で、釣獲数は過去10年平均の2・2倍に膨らんだ。1隻当たりの釣獲数も77・8%増の52・11匹だった。釣れた魚のうち体長25センチほどの4年魚が7割以上を占め、同20センチほどの3年魚が2割。6月の最多記録は14年の10万2450匹だが、19年も10万匹超えは確実とみられる。

 ヒメマス釣りには資源保護のため解禁区域が支笏湖温泉、幌美内、美笛の3地区に指定されている。釣果数は支笏湖温泉地区で14・9%増の1万7751匹、幌美内地区で2倍の3万7745匹、美笛地区で3・5倍の1万2710匹と全地区で増加した。湖全体で満遍なく魚がいることを示している。

 豊漁の明確な要因は正確に特定できていない。同漁協の佐藤晴一事務局長は「3年連続の豊漁は近年で前例がない。湖面が穏やかな日がほとんどで、釣りに出られる日数も多い」と語る。「湖の水温がちょうど良く、ヒメマスの餌となるプランクトンが適量だったのだろう。一昨年の秋に大雨で土砂が流入したことも影響したのでは」と推測する。

 今年の4年魚は16年に放流された。17年9月には台風18号がもたらした大雨があって土砂が流入したために湖内のプランクトンが増えた可能性が考えられるという。

 卸売業と食堂を営む支笏湖観光センター=幌美内=の小林典幸社長は「支笏湖チップ」(ヒメマスの愛称)をアピールする絶好の機会と捉え、「新商品開発にも惜しみなく挑戦できる」と喜びの表情。市観光事業課も「多くの方に支笏湖に来て、チップを食べてほしい」としている。

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...