北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

豊富に水揚げされている今季のヒメマス

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206匹と現在の集計法になった1998年以降最多を記録。関係者は異例の釣果に驚きを見せ、今後の安定的な漁獲を願っている。

 湖に出た船は3・4%増の1309隻で、釣獲数は過去10年平均の2・2倍に膨らんだ。1隻当たりの釣獲数も77・8%増の52・11匹だった。釣れた魚のうち体長25センチほどの4年魚が7割以上を占め、同20センチほどの3年魚が2割。6月の最多記録は14年の10万2450匹だが、19年も10万匹超えは確実とみられる。

 ヒメマス釣りには資源保護のため解禁区域が支笏湖温泉、幌美内、美笛の3地区に指定されている。釣果数は支笏湖温泉地区で14・9%増の1万7751匹、幌美内地区で2倍の3万7745匹、美笛地区で3・5倍の1万2710匹と全地区で増加した。湖全体で満遍なく魚がいることを示している。

 豊漁の明確な要因は正確に特定できていない。同漁協の佐藤晴一事務局長は「3年連続の豊漁は近年で前例がない。湖面が穏やかな日がほとんどで、釣りに出られる日数も多い」と語る。「湖の水温がちょうど良く、ヒメマスの餌となるプランクトンが適量だったのだろう。一昨年の秋に大雨で土砂が流入したことも影響したのでは」と推測する。

 今年の4年魚は16年に放流された。17年9月には台風18号がもたらした大雨があって土砂が流入したために湖内のプランクトンが増えた可能性が考えられるという。

 卸売業と食堂を営む支笏湖観光センター=幌美内=の小林典幸社長は「支笏湖チップ」(ヒメマスの愛称)をアピールする絶好の機会と捉え、「新商品開発にも惜しみなく挑戦できる」と喜びの表情。市観光事業課も「多くの方に支笏湖に来て、チップを食べてほしい」としている。

関連記事

根室新聞

「北の勝」を味わい、1年を振り返る【根室】

 管内唯一の地酒“北の勝”を楽しむ「北の勝を愛する会」(高橋雅昭会長)恒例の「忘年例会」が6日、根室商工会館で開かれた。参加した会員たちは酒を味わいながら恒例のもちつきや、ゲームを楽しみ、1年を...

根室新聞

子育て情報誌「TUMUGU」の0号発行【根室】

 市内初の保護者向けフリーペーパー「TUMUGU(つむぐ)」の創刊に先駆けた“0号”が発行された。年内には市内の幼稚園や保育所、スーパーなどで無料配布する。創刊号の第1号は2月に発行する予定だ。 ...

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス