北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

総代会であいさつする大沼理事長

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億7167万円の黒字を計上した。

 2018年度決算は、3月期の預金残高が前期比55億9000万円増の1286億1200万円。貸出金残高は、同74億4400万円増の638億9800万円を確保した。経営の体力や健全性を示す自己資本比率は、貸出金の増加などで前年比3・66ポイント減の20・20%。

 本業の収益となる資金運用収益は16億9752万円。有価証券利息配当金が減少したが、貸出金利息の増加で増収となった。

 当期未処分剰余金は約3億1314万円で、利益準備金や普通出資配当金(計1420万円、年4%)、特別積立金(2億5千万円)などに充てる。

 大沼理事長は「本年度は2021年4月に金庫創立100周年を迎えることから、重要な年になる。これまで以上に足を使った信用金庫らしい営業活動の徹底をはかりたい」とし、「顧客との信頼関係を深め、地域社会の持続的発展に貢献していくことが使命」と述べた。

 総代会では冒頭、業績評価優秀店舗の表彰があり、9年連続で最優秀店舗賞となった札幌支店と優秀店舗賞の様似支店、努力賞のえりも支店を表彰した。

 荒木英文専務理事の定年退任に伴い、新常勤理事1人、新常勤監事1人を選任。総代会後の役員会で、南末美常務理事が専務理事に、新保雄司常勤理事が常務理事に昇任。山本宏一常勤監事が常務理事に、川村学執行役員本店営業部長が常勤監事に新任した。

 永年勤続職員表彰の受賞者は次の通り。

 ▽10年 村中友幸(広尾支店主任)清水亮(事務部主任)石原彩香(総務部主任)板橋聖由美(同書記)

 ▽20年 川合志麻(業務部代理)千葉章博(えりも支店代理)

 ▽30年 林美英(札幌支店支店長・地区担当部長)

最優秀店舗で表彰を受ける札幌支店

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス