北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

越冬たまねぎ「えったま333」を使い料理講習会【伊達】

えったま333を使い料理する女性参加者

 伊達市の越冬タマネギ「えったま333」の料理講習会が20日、市内梅本町のだて歴史の杜食育センター内キッチンスタジオで開かれた。参加者が甘く、栄養価が高いタマネギを和気あいあいと調理。出来上がりに笑顔を見せていた。

 「えったま333」は秋に種をまき6月下旬から7月上旬に収穫する。冬を越し寒さに耐えることで、糖度が増し、平均的なタマネギよりも老化を抑える抗酸化力も上がるという。

 料理講習会は「越冬たまねぎ研究会」から今春改称した「えったま333振興会」(堀篭司会長)と市農務課が知名度アップを目的に開催した。

 8人が参加。女性農業者が講師を務め、タマネギをみじん切りにした、うま味たっぷりのとろとろスープや、すり下ろして作るドレッシング、市内山下町のオオヤミートから無償提供のあった「黄金豚」の希少部位を使った焼きしゃぶに、タマネギソースを加え味わうなど6品目をおいしく調理した。

 参加者はえったま333の魅力を話題にしながら食事を楽しんでいた。堀篭会長は「たくさんの人においしく食べてほしい。品種の選定などはまだ発展途上。ブランド化には安定的な収穫が必要なので頑張って作っていきます」と笑顔を見せていた。

関連記事

十勝毎日新聞

ゆで落花生 今年も販売 十勝グランナッツ【帯広】

 十勝で落花生のバリューチェーン(価値の連鎖)化を目指す「十勝グランナッツLLC」(帯広、田中一郎代表)は12月1日から、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」をコープさっぽろなどで数量限定...

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

十勝毎日新聞

「濃い」豆乳飲料できた! 「マメトペ+」【帯広】

 帯広農業高校の生徒が中田食品(帯広)など地元企業と開発していた豆乳飲料「マメトペ+(プラス)」が完成した。関係者を招いたお披露目会が18日に同校で開かれ、「濃くておいしい」と上々の評判。生徒たち...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 藤丸 予約例年の2倍【帯広】

 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、19日午前0時に解禁され、十勝管内でも早速、店頭に並んだ。新型コロナウイルスの感染拡大で外食の需要が低下しているさなかの解禁だが、販売...

十勝毎日新聞

酒蔵「碧雲蔵」ショップオープン【帯広】

 帯広畜産大学構内の酒蔵「碧雲蔵」の商品を購入できるショップと蔵内の製造風景を見られる見学室が18日午前、同蔵内でオープンした。同蔵の銘柄のほか、地元の書道家八重柏冬雷さんが手掛けたラベルの書...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス