北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

ブドウ畑の前で芽室産ワイン「INIZIO」をPRする関係者(左からラベルのデザインを担当した長岡淳一さん、尾藤さん、吉田さん、廣瀬さん)

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェスティバル(25日、北海道ホテル)で一般に振る舞う。

 「イニツィオ」は「はじまり」を意味するイタリア語。町内の約7ヘクタールで収穫したブドウを100%使用し、699本生産した。昨年収穫したブドウに「清舞」「山幸」「ツバイゲルトレーベ」の既存品種を合わせた。醸造、瓶詰め、ラベル貼りなどは池田町ワイン城で行った。

 カウンティはブドウの生産者団体。2月にはワイナリー建設に向けて「めむろワイナリー株式会社」を設立、2021年のワイン販売を目指す。イニツィオは定番銘柄の一つになる。

 醸造責任者の廣瀬秀司さん(68)は「ブドウのコンディションを見ながら複数の品種のブレンド割合を検討したい」と述べた。めむろワイナリー代表の尾藤光一さん(56)は「芽室のまちづくりをワインを核に盛り上げたい」と話している。

 7月1日午前0時から道内在住者限定(先着100本)で予約販売を受け付ける。1本3500円(税別)。予約窓口は株式会社ファーム・ミリオン。ファクス(0155・61・5069)で受け付け、支払いは現金のみ。住所、氏名、年齢、電話番号、ファクス番号、予約本数を記載し、申し込む。ワインカウンティでは8月に町内で試飲イベントを開く。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...