北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

初の芽室産ワイン「イニツィオ」発表 生産者団体【芽室】

ブドウ畑の前で芽室産ワイン「INIZIO」をPRする関係者(左からラベルのデザインを担当した長岡淳一さん、尾藤さん、吉田さん、廣瀬さん)

 芽室ワインカウンティ(吉田知浩会長)は21日、芽室産ブドウを使用して醸造した初のワイン「INIZIO 2018」(イニツィオ)を発表した。7月から数量限定で販売、北海道十勝フード&ワインフェスティバル(25日、北海道ホテル)で一般に振る舞う。

 「イニツィオ」は「はじまり」を意味するイタリア語。町内の約7ヘクタールで収穫したブドウを100%使用し、699本生産した。昨年収穫したブドウに「清舞」「山幸」「ツバイゲルトレーベ」の既存品種を合わせた。醸造、瓶詰め、ラベル貼りなどは池田町ワイン城で行った。

 カウンティはブドウの生産者団体。2月にはワイナリー建設に向けて「めむろワイナリー株式会社」を設立、2021年のワイン販売を目指す。イニツィオは定番銘柄の一つになる。

 醸造責任者の廣瀬秀司さん(68)は「ブドウのコンディションを見ながら複数の品種のブレンド割合を検討したい」と述べた。めむろワイナリー代表の尾藤光一さん(56)は「芽室のまちづくりをワインを核に盛り上げたい」と話している。

 7月1日午前0時から道内在住者限定(先着100本)で予約販売を受け付ける。1本3500円(税別)。予約窓口は株式会社ファーム・ミリオン。ファクス(0155・61・5069)で受け付け、支払いは現金のみ。住所、氏名、年齢、電話番号、ファクス番号、予約本数を記載し、申し込む。ワインカウンティでは8月に町内で試飲イベントを開く。

関連記事

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...

室蘭民報

自慢の「ほうれん草」ぜひ、木村大作農園が出荷【壮瞥】

 壮瞥町滝之町の木村大作農園(木村大作さん経営)は、昨年12月下旬から食品スーパー地場大手・ウロコ(本社・伊達市松ヶ枝町、斎藤光太郎代表取締役)に「寒締めちぢみほうれん草」の出荷を始めた。「地元...