北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦高馬術部が全国大会へ【浦河】

 第53回全日本高校馬術競技大会北海道地区大会で、浦河高校馬術部(石川傑部長、5人)が団体戦(石川部長、大池駿和君、宮内勇樹君、川島洋哉君=補欠=)で優勝、個人戦で大池君(2年)が3位、宮内君(同)が4位入賞し、9年連続の全国大会出場を決めた。

 8日に苫小牧市のノーザンホースパークで開かれた道地区予選の団体戦には6校が出場し、A・Bブロックに分かれて浦河高が1位通過。決勝戦は強豪の札幌龍谷高との対戦。

 決勝戦で札幌龍谷の2番手の選手が大幅に減点されたこともあったが、浦河高の選手たちは持ってる力を充分に発揮し優勝した。

 浦河高馬術部は3年1人、2年2人、1年2人の計5人(男子4人、女子1人)の部員で構成。西舎のJRA日高育成牧場を拠点に、火曜~金曜は放課後、土日は午前中の週6日で日々練習に取り組んでいる。

 石川部長(17)は「(昨年に続き2回目の全国大会は)昨年よりは自信がある。自分もレベルアップしているが、昨年よりも戦えるメンバーがそろった。2回戦負けだった前回よりも良い結果を残せる」と自信を見せ、「部長として臨む大会だが緊張はない。苦手な馬でも良い内容で跳べるようになったことで自分の走行安定感が出てきた」と全国大会を楽しみにしている。

 団体戦の全国大会は7月23日~25日まで静岡県御殿場市で行われる。

 個人戦3位で全国大会出場の大池君(16)は「1位を目指して頑張る」、個人戦4位で全国大会出場と団体戦で最優秀選手賞を受賞した宮内君(17)は「レベルの高い選手が集まる中でも良いプレーをしたい。不安と楽しみがあるが、大会までの練習を頑張りたい」とそれぞれ闘志を燃やしていた。

 個人戦の全国大会は、8月20~21日に北海道地区大会と同じ会場の苫小牧市ノーザンホースパークで行われる。

全国大会出場を喜ぶ浦河高馬術部員たち

関連記事

函館新聞

遺愛高英語科生徒がラデッシュとオオバ収穫、販売【函館】

 遺愛女子高校(福島基輝校長)の英語科3年生が「IAI×ファーミング」の取り組みで同校敷地内の畑で育てたハツカダイコン(ラデッシュ)とオオバを収穫した。野菜は校内で教職員向けに生徒9人が販売し、日...

函館新聞

中国SF「三体II」翻訳に参加 函館高専教授の泊さん【函館】

 異星人と人類の科学技術による闘争を描いた中国のSF小説「三体」シリーズの続編「三体II」(劉慈欣=りゅう・じきん=著、早川書房)の日本語版が発売された。同書の下巻では、函館高専教授の泊功さん(5...

十勝毎日新聞

北の屋台売上高2%増3.5億円 コロナかわす【帯広】

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

十勝毎日新聞

ミルクバーアイス発売 よつ葉乳業【札幌】

 よつ葉乳業(札幌市)は3日、札幌市内で同社初のバータイプのアイスクリーム「よつ葉 至福のミルク」の発表会を行った。食感が異なる3層仕立てで高級感を演出。1日から発売している。  外側はパリ...

十勝毎日新聞

湯治客お出迎え ぬかびら源泉郷ルピナス【上士幌】

 上士幌町のぬかびら源泉郷で、ルピナスが空に向かって花茎を伸ばし、多くの花を付けている。「ノボリフジ」の別名がある色とりどりの姿で、訪れる人を楽しませている。  ぬかびら源泉郷地区の花として...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス