北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦高馬術部が全国大会へ【浦河】

 第53回全日本高校馬術競技大会北海道地区大会で、浦河高校馬術部(石川傑部長、5人)が団体戦(石川部長、大池駿和君、宮内勇樹君、川島洋哉君=補欠=)で優勝、個人戦で大池君(2年)が3位、宮内君(同)が4位入賞し、9年連続の全国大会出場を決めた。

 8日に苫小牧市のノーザンホースパークで開かれた道地区予選の団体戦には6校が出場し、A・Bブロックに分かれて浦河高が1位通過。決勝戦は強豪の札幌龍谷高との対戦。

 決勝戦で札幌龍谷の2番手の選手が大幅に減点されたこともあったが、浦河高の選手たちは持ってる力を充分に発揮し優勝した。

 浦河高馬術部は3年1人、2年2人、1年2人の計5人(男子4人、女子1人)の部員で構成。西舎のJRA日高育成牧場を拠点に、火曜~金曜は放課後、土日は午前中の週6日で日々練習に取り組んでいる。

 石川部長(17)は「(昨年に続き2回目の全国大会は)昨年よりは自信がある。自分もレベルアップしているが、昨年よりも戦えるメンバーがそろった。2回戦負けだった前回よりも良い結果を残せる」と自信を見せ、「部長として臨む大会だが緊張はない。苦手な馬でも良い内容で跳べるようになったことで自分の走行安定感が出てきた」と全国大会を楽しみにしている。

 団体戦の全国大会は7月23日~25日まで静岡県御殿場市で行われる。

 個人戦3位で全国大会出場の大池君(16)は「1位を目指して頑張る」、個人戦4位で全国大会出場と団体戦で最優秀選手賞を受賞した宮内君(17)は「レベルの高い選手が集まる中でも良いプレーをしたい。不安と楽しみがあるが、大会までの練習を頑張りたい」とそれぞれ闘志を燃やしていた。

 個人戦の全国大会は、8月20~21日に北海道地区大会と同じ会場の苫小牧市ノーザンホースパークで行われる。

全国大会出場を喜ぶ浦河高馬術部員たち

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...