北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ホッカイシマエビ約6万尾がふ化 種苗量産化へ研究5年目【根室】

ふ化した体長約1センチの稚エビ

 根室市水産研究所は、今年で5年目となるホッカイシマエビの種苗生産に着手している。現在、5月下旬から6月にかけてふ化した体長約1センチの稚エビが12基の水槽で飼育されている。今年も3カ月間飼育を行い、全長3センチほどまで成長させてから放流を行う予定となっている。

 ホッカイシマエビの種苗生産は、浜からの要望や、これまで取り組んできた花咲ガニの種苗生産で、一齢期稚ガニ(甲長2ミリ)の放流などで生産技術がある程度確立され、水槽の有効活用を含めた取り組みとして、4年前から行っている。

 今年も太平洋側、オホーツク海側など市内4漁協からの協力を得て、5月中旬に150尾の親エビを採捕。5月下旬から6月にかけて稚エビがふ化し、2トン水槽5基、2.2トン水槽3基に加え、1トンの丸型水槽4基の計12基に分けて飼育されている。親エビは1尾約400個の卵を持っているため、推定約6万尾でのスタートとなる。

 過去の試験では、水温の違いによる成長を見るため、水槽ごとに水温を変えて飼育を行った。高水温の方が成長は良いが共食いが激しく、低水温の方が数を多く作れることが分かり、どちらを優先するかが課題となっている。経費を抑えつつ、生産数を多く確保するため、無加温で隠れ家となるシェルターを多く使用して飼育を行っている。

 昨年に続き、既存のものに加え、大きめの目合いのネットを重ねたシェルターを使用した飼育や、初期餌料を動物性と植物性の餌、配合飼料など栄養のバランスを考えて数種類を交互に与え、大量生産に向けた基礎研究を行っている。

 また、稚エビは光に集まる習性があり、過去には光が当たる部分の稚エビの密度が高くなるなど、スペースを十分に活用できなかったことから、水槽に遮光幕を被せ、共食いの危険性を下げるための試験を行う予定。

 今年も約3カ月の飼育を行い、体長3センチ種苗3万尾を、採捕した沿岸の藻場へ放流する計画で、市水産研究所の工藤良二次長は「現時点では各水槽における生存にバラつきが見られ、安定生産に向けた技術の確立を目指したい」と話していた。

 さらに、今年も親エビの安定確保に向け、採捕した親エビを水槽内で交尾、抱卵させ、来年の種苗生産用の親エビとして使用する予定。加えて、昨年種苗生産された稚エビの一部が今年雄エビとして成熟するため、これらを用いた交尾試験も継続していく。

関連記事

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...

苫小牧民報

地面蹴り、後ろ向き快走 いす―1GP道大会に23チーム出場-千歳

 車輪付き事務用椅子に座って後ろ向きに進む耐久レース「いす―1GP北海道千歳大会2019」(同実行委員会、千歳ニューサンロード商店街振興組合主催)が21日、幸町のニューサンロード商店街前の市道で開...

苫小牧民報

インディアン水車を設置 夏の訪れ告げる風物詩-千歳川

 サケの遡上(そじょう)期を控え21日、千歳川左岸の日本海さけ・ます増殖事業協会=千歳市花園2=千歳事業所は構内と接続する千歳川に捕魚車の「インディアン水車」を設置した。22日から調査捕獲がスタ...