北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮司の小松揮世久氏も出席する。

 神社本庁の地方機関として神社庁は全国都道府県に置かれている。北海道神社庁は、道内の神社約600社が加盟し、全道の神社神道系宗教法人の約8割を包括。神社に関する事務や独自活動、地域振興の活動などを実施している。

 大会は道神社庁日高支部(可知裕幸支部長)が主管。同支部主管による開催は13年ぶり。

 当日は大会前の午前に神社庁役員らが浦河神社を正式参拝。大会は可知支部長の歓迎あいさつ後、北海道神社庁の芦原髙穂庁長の先導で神宮並びに皇居遥拝。芦原庁長と北海道神社庁神社総代会の伊藤義郎会長の主催者あいさつ。

 続いて関係者表彰、神社本庁統理の鷹司尚武氏や神郡大宮司の小松氏、神道政治連盟の打田文博会長、池田拓浦河町長の来賓あいさつ。大会宣言など。閉会後は、皇室ジャーナリストの高清水有子さんが「平成から令和へ 世界に誇る私たちの皇室」を演題に講演する。

 浦河神社の酒井俊宮司は「大半の大会は代理出席だが、今回の大会には伊勢神宮大宮司本人が出席される」と話している。

関連記事

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...

苫小牧民報

地面蹴り、後ろ向き快走 いす―1GP道大会に23チーム出場-千歳

 車輪付き事務用椅子に座って後ろ向きに進む耐久レース「いす―1GP北海道千歳大会2019」(同実行委員会、千歳ニューサンロード商店街振興組合主催)が21日、幸町のニューサンロード商店街前の市道で開...

苫小牧民報

インディアン水車を設置 夏の訪れ告げる風物詩-千歳川

 サケの遡上(そじょう)期を控え21日、千歳川左岸の日本海さけ・ます増殖事業協会=千歳市花園2=千歳事業所は構内と接続する千歳川に捕魚車の「インディアン水車」を設置した。22日から調査捕獲がスタ...