北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

目指せ十勝ワインバイザー 26人が筆記や試飲【池田】

十勝ワインのテイスティングに挑戦する受験者ら

 十勝ワインの普及や愛飲者拡大を目的とする「第16回十勝ワインバイザー認定試験」(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所主催)が23日、町田園ホールで開かれた。

 年1回実施。今回は神奈川県や愛知県など道外勢を含む26人(男性17人、女性9人)が受験した。同日は試験直前に、同研究所の山岸賢三営業係長による講習会が開かれ、十勝ワインの見識を深めた。

 筆記試験は十勝ワインの歴史や醸造など54問が出題された。テイスティング試験では「山幸」「北海道産ビンテージ」「シャトー十勝」の3種類の赤ワインから、ラベル不明の瓶のワインを判定した。試験結果は28日に受験者に郵送する。合格者には証明書とバッジが付与されるほか、希望者には名刺(50枚)を用意する。

 千葉県市川市から訪れた無職鈴木博さん(70)は、北海道旅行が趣味で、道内各地の見識を深める目的で各種検定を受検している。今回は十勝ワインの試験を受けるために2泊3日の日程で来町した。鈴木さんは「筆記試験で分からない問題はなかった。テイスティングも答え合わせをしたら正解だった」と話していた。

関連記事

根室新聞

「北の勝」を味わい、1年を振り返る【根室】

 管内唯一の地酒“北の勝”を楽しむ「北の勝を愛する会」(高橋雅昭会長)恒例の「忘年例会」が6日、根室商工会館で開かれた。参加した会員たちは酒を味わいながら恒例のもちつきや、ゲームを楽しみ、1年を...

根室新聞

子育て情報誌「TUMUGU」の0号発行【根室】

 市内初の保護者向けフリーペーパー「TUMUGU(つむぐ)」の創刊に先駆けた“0号”が発行された。年内には市内の幼稚園や保育所、スーパーなどで無料配布する。創刊号の第1号は2月に発行する予定だ。 ...

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス