北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

食への思い語り合う フード&ワインフェスプレトーク【帯広】

料理のプロ、生産者らが食への思いなどを語ったプレトークセッション

 北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019(実行委主催)のプレ・トークセッションが24日午後5時から、帯広市内の十勝農園(西1南9)で開かれた。

 ハワイで開催されるイベントの十勝版で、25日午後5時から帯広市内の北海道ホテルで開催される。招聘シェフが十勝産食材で独創的な料理を提供する。

 この日は約40人が参加。「M W Restaurant」(ハワイ)のウエイド・ウエオカ氏のほか食材を提供する折笠農場(幕別町)の折笠健さんらが登壇し、実行委員長の後藤健市さんが進行役を務めた。

 折笠さんは「地元の食材について知らないと、外から来たお客さんに提案できない。(フェスは)食材の味の違いを知る機会になる」と強調。後藤さんは「本番は楽しく、おいしく過ごすことが一番」と話した。

 会場では8種のジャガイモのフライや、芽室ワインカウンティが初の芽室産ブドウで醸造したワインなどが振る舞われた。

 参加した帯広農業高2年の女子生徒(16)は「新たにワインを造る動きがあることを知り勉強になった」と話した。

関連記事

根室新聞

「北の勝」を味わい、1年を振り返る【根室】

 管内唯一の地酒“北の勝”を楽しむ「北の勝を愛する会」(高橋雅昭会長)恒例の「忘年例会」が6日、根室商工会館で開かれた。参加した会員たちは酒を味わいながら恒例のもちつきや、ゲームを楽しみ、1年を...

根室新聞

子育て情報誌「TUMUGU」の0号発行【根室】

 市内初の保護者向けフリーペーパー「TUMUGU(つむぐ)」の創刊に先駆けた“0号”が発行された。年内には市内の幼稚園や保育所、スーパーなどで無料配布する。創刊号の第1号は2月に発行する予定だ。 ...

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス