北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

食への思い語り合う フード&ワインフェスプレトーク【帯広】

料理のプロ、生産者らが食への思いなどを語ったプレトークセッション

 北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019(実行委主催)のプレ・トークセッションが24日午後5時から、帯広市内の十勝農園(西1南9)で開かれた。

 ハワイで開催されるイベントの十勝版で、25日午後5時から帯広市内の北海道ホテルで開催される。招聘シェフが十勝産食材で独創的な料理を提供する。

 この日は約40人が参加。「M W Restaurant」(ハワイ)のウエイド・ウエオカ氏のほか食材を提供する折笠農場(幕別町)の折笠健さんらが登壇し、実行委員長の後藤健市さんが進行役を務めた。

 折笠さんは「地元の食材について知らないと、外から来たお客さんに提案できない。(フェスは)食材の味の違いを知る機会になる」と強調。後藤さんは「本番は楽しく、おいしく過ごすことが一番」と話した。

 会場では8種のジャガイモのフライや、芽室ワインカウンティが初の芽室産ブドウで醸造したワインなどが振る舞われた。

 参加した帯広農業高2年の女子生徒(16)は「新たにワインを造る動きがあることを知り勉強になった」と話した。

関連記事

根室新聞

地元ビッグバンドEPJO サッポロ・シティ・ジャズ出演決まる【根室】

世界的トランぺッター 日野皓正さんと共演  根室のアマチュアビッグバンドEPJOが、10月に札幌文化芸術劇場hitaru(ヒタル)で開かれるサッポロ・シティ・ジャズ2020のシアター・ジャズ...

根室新聞

議会のICT化に研修 タブレット端末の活用など【根室】

 議会改革を進める根室市議会(本田俊治議長)は、議会活動のICT化に向けた研修会を7日午後1時半から議場で開いた。研修会では「タブレット端末を利用した議会活動について」と題し、ペーパーレス議会...

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は...

苫小牧民報

道9区次期衆院選候補に松橋氏 共産苫小牧地区委

 共産党苫小牧地区委員会は11日、次期衆院選道9区(胆振、日高管内)に、党北海道委員会委員の松橋千春氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。  松橋氏は同日、苫小牧市見山町の同委員会事...

苫小牧民報

ウポポイ開業1カ月。来場3万5000人 博物館4割見学せず、入館制限の影..

 国がアイヌ文化の復興と発信の拠点として白老町のポロト湖畔に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)は、12日で開業1カ月を迎えた。アイヌ民族をテーマにした初の国立博物館を中核とした施設の来場者は、...