北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

日本温泉協会20年度総会の開催が正式決定【登別】

次年度開催地を代表してあいさつする唐神会長

 温泉を利用する宿泊施設や自治体などでつくる日本温泉協会(東京)の2020年度(令和2年度)会員総会が、登別温泉で開催されることが正式決定した。全国の温泉関係者が集う同協会には、1200人を超える会員が在籍している。屈指の湯どころ・登別を全国の関係者にアピールする格好の機会となりそうだ。

 日本温泉協会は1929年(昭和4年)に設立され、今年で創立90周年。道内では51年に定山渓で初めて会員総会が開催された。59年に洞爺湖、66年に登別と続き、90年には再び定山渓で開催。登別では半世紀以上の時を超えて開催されることになった。温泉資源の保護、温泉利用の適正化、温泉の正しい知識の普及のため、さまざまな事業を展開している。今年は90周年記念事業として認定試験「温泉検定」の実施などを予定している。

 25日に鹿児島県・指宿温泉であった19年度会員総会で、開催地として決まった。地元からは、登別国際観光コンベンション協会の唐神昌子会長らが出席した。次年度開催地として、唐神会長が来登を呼び掛けた。

 登別の魅力を体感してもらう絶好の機会となりそうだ。19年度会員総会に合わせて、旅行会社が企画した視察研修(エクスカーション)が設けられた。この中で、指宿温泉の名物である砂むし温泉を楽しめる施設や、評判が名高いという露天風呂などを回る内容だ。

 エクスカーションは、登別が誘致を進めるMICE(企業や学術団体などのイベントの総称)で設けられることが多い。歴史的建造物などで特別感や地域特性を演出できる会場(ユニークベニュー)を舞台としている。登別でのエクスカーション開催は決まっていないが、実現するとなれば、テーマパークや自然体験施設など体験型メニューを豊富に取りそろえている地域資源を有効活用、発信できそうだ。

 開催年である20年は登別市制施行50周年、民族共生象徴空間・ウポポイ(白老町)開設、東京オリンピック・パラリンピック開幕と、観光業界にとっては入り込み増が期待できる事業がめじろ押し。さらに、鬼にまつわる伝説や郷土芸能がある自治体が集う「全国鬼サミット」の開催を目指す動きもあり、盛り上がりが一層期待される。

関連記事

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

日高報知新聞

故・畠山周子さんに町文化功労賞【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の美術講師と美術部技術指導顧問として、1997年(平成9年)4月から今年8月まで23年間の長きにわたり勤め、8月29日に急逝した故・畠山周子さん(享年71歳)に26日、町教...

日高報知新聞

町議会がコロナの影響調査【新ひだか】

【新ひだか】町議会厚生経済常任委員会(城地民義委員長)は26、27の両日、町内5産業団体を対象に所管事務調査を実施し、「新型コロナウイルス感染症による町内産業への影響について」、影響や課題、今後の対応...

苫小牧民報

秋サケ記録的不漁 最低年下回るペース-胆振海区

 苫小牧沿岸を含む胆振海区の秋サケ定置網漁が記録的な不漁に陥っている。20日現在の漁獲数は63万2364匹で、前年同期に比べて1割以上減り、年間では統計史上最低だった2017年度をも下回るペース...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス