北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

白老アイヌ協会が第一弾事業のカフェオープン【白老】

白老町コミュニティセンター1階にオープンした「かふぇピラサレ」

 一般社団法人格を今年5月に取得した白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、法人としての第1弾事業として「かふぇピラサレ」(アイヌ語で広げようの意味)を白老町コミュニティセンター1階にオープンさせた。山丸理事長は「協会が自立するためにも何とか成功させたい」と話している。

 メニューはオハウ定食、煮魚定食、焼き魚定食、うどん、そばなど。季節に合わせて海の幸、山の幸を食材にしたメニューも考えていくという。毎週月曜が定休日。営業時間は午前10時~午後4時だが、同コミュニティセンターのイベントに対応した時間延長も検討している。

 広さ約50平方メートルにテーブルは七つ、いすは約30。アイヌ文様刺しゅうやアイヌ民族に伝わる叙事詩「ユカラ」の体験教室、アイヌ文化関連サークルへのスペース貸し出しなども考えている。

 山丸理事長は「アイヌ文化を発信しながら、気軽に見に来たりできる場所にしたい。町内外のみんなの力を借りていろんな企画をやっていきたい」と張り切っている。

 イランカラプテ音楽祭が同コミュニティセンターで開かれた22日には、オハウ定食60食分を来場者に無料提供した。

 ※「イランカラプテ」の「プ」は小文字

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...