北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ハスカップ手に笑顔 収穫体験始まる【士幌】

ハスカップを収穫する来園者

 士幌町下居辺の果樹ほ場で24日、ハスカップ狩りが始まった。たわわに実ったみずみずしいハスカップを求め、初日から多くの人たちが訪れている。7月8日まで。

 果樹ほ場は同地区の住民有志でつくる「元樹の会」(二川政義代表)が管理し、約1.2ヘクタールの敷地内には約700本のハスカップの木が植えられている。今年も天候に恵まれ、実の出来栄えも良好という。

 この日は午前9時のオープン直後から多くの人でにぎわい、ハスカップの実をを一つ一つ摘み取っていた。

 毎年来ている帯広市の主婦桜井博美さん(71)は「実も大きく色もきれい。ジャムを作ってヨーグルトに入れて食べたい」と笑顔で話していた。

 料金は100グラム100円。1人1日3キロまで。1キロ購入すると、ポテトチップス(1箱)や食事券(1000円分)が当たる抽選会に参加できる。

 問い合わせはレストラン・カントリーロード(01564・5・3859)、しほろ温泉プラザ緑風(01564・5・3630)へ。

関連記事

根室新聞

地元ビッグバンドEPJO サッポロ・シティ・ジャズ出演決まる【根室】

世界的トランぺッター 日野皓正さんと共演  根室のアマチュアビッグバンドEPJOが、10月に札幌文化芸術劇場hitaru(ヒタル)で開かれるサッポロ・シティ・ジャズ2020のシアター・ジャズ...

根室新聞

議会のICT化に研修 タブレット端末の活用など【根室】

 議会改革を進める根室市議会(本田俊治議長)は、議会活動のICT化に向けた研修会を7日午後1時半から議場で開いた。研修会では「タブレット端末を利用した議会活動について」と題し、ペーパーレス議会...

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は...

苫小牧民報

道9区次期衆院選候補に松橋氏 共産苫小牧地区委

 共産党苫小牧地区委員会は11日、次期衆院選道9区(胆振、日高管内)に、党北海道委員会委員の松橋千春氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。  松橋氏は同日、苫小牧市見山町の同委員会事...

苫小牧民報

ウポポイ開業1カ月。来場3万5000人 博物館4割見学せず、入館制限の影..

 国がアイヌ文化の復興と発信の拠点として白老町のポロト湖畔に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)は、12日で開業1カ月を迎えた。アイヌ民族をテーマにした初の国立博物館を中核とした施設の来場者は、...