北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

シャンパンタワーで幕を開けるフードワインフェス

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワインに酔いしれた。

 食の祭典「ハワイ・フード&ワインフェスティバル」の北海道・十勝版。道とハワイ州の姉妹提携を契機に2017年に始まった。独創的な料理を通して十勝の食の優位性を発信する。

 開会セレモニーでは高橋勝坦大会長(帯広商工会議所会頭)が「北海道・十勝の食のブランドが発見されることを心から期待したい」とあいさつ。十勝総合振興局の三井真局長の発声で乾杯した。

 東京、札幌、ハワイ、地元十勝から、在日ベルギー大使館エグゼクティブシェフのサミュエル・アルベルト氏、中国料理の脇屋友詞氏ら10人を招聘(しょうへい)。シェフたちは十勝の生産者とともに自慢の一皿を供した。芽室ワインカウンティが発表した赤ワインなど道産ワイン約20種も用意、来場者はワイングラス片手に食事とのマリアージュを楽しんだ。

 異彩を放ったのがインターステラテクノロジズ(IST)創業者で、会員制レストラン「WAGYUMAFIA」(東京)を営業する堀江貴文さん。シェフとして参加し、神戸牛の牛骨でだしをとった「つけ麺」を披露した。堀江さんは「将来的には十勝にも店を構えたい」と話していた。

 帯広市内で料理サークルを主宰する伊豆倉優美さんと川田絹子さんは、「脇屋シェフの料理を楽しみに来た。広々とした庭でゆっくり食事を楽しめて満足」と話していた。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...