北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

フード&ワインフェスティバル 一流シェフ競演【十勝】

シャンパンタワーで幕を開けるフードワインフェス

 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル2019」(実行委主催)が25日午後5時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。約250人が来場し、国内外の一流シェフによる十勝の食材を使った料理とワインに酔いしれた。

 食の祭典「ハワイ・フード&ワインフェスティバル」の北海道・十勝版。道とハワイ州の姉妹提携を契機に2017年に始まった。独創的な料理を通して十勝の食の優位性を発信する。

 開会セレモニーでは高橋勝坦大会長(帯広商工会議所会頭)が「北海道・十勝の食のブランドが発見されることを心から期待したい」とあいさつ。十勝総合振興局の三井真局長の発声で乾杯した。

 東京、札幌、ハワイ、地元十勝から、在日ベルギー大使館エグゼクティブシェフのサミュエル・アルベルト氏、中国料理の脇屋友詞氏ら10人を招聘(しょうへい)。シェフたちは十勝の生産者とともに自慢の一皿を供した。芽室ワインカウンティが発表した赤ワインなど道産ワイン約20種も用意、来場者はワイングラス片手に食事とのマリアージュを楽しんだ。

 異彩を放ったのがインターステラテクノロジズ(IST)創業者で、会員制レストラン「WAGYUMAFIA」(東京)を営業する堀江貴文さん。シェフとして参加し、神戸牛の牛骨でだしをとった「つけ麺」を披露した。堀江さんは「将来的には十勝にも店を構えたい」と話していた。

 帯広市内で料理サークルを主宰する伊豆倉優美さんと川田絹子さんは、「脇屋シェフの料理を楽しみに来た。広々とした庭でゆっくり食事を楽しめて満足」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

音更産リーキ 食べて応援を 麦音で5、6日まつり【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要が落ち込む中、西洋野菜リーキの消費を応援しようと、5、6日に帯広市内の麦音で「リーキで元気まつり」が開かれる。竹中農場(音更町、竹中章代表)のリーキを使用し...

十勝毎日新聞

清水高 連覇 とかちマルシェ料理甲子園【十勝】

 全国の高校生が十勝産食材を使ってオリジナル料理を競う「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が28日に行われ、「十勝を発掘!? わくわくごはん」を作った清水高校のチームが優勝...

十勝毎日新聞

十勝生まれの赤色 ラズベリーで限定製造 帯広ビール【帯広】

 地ビール製造の帯広ビール(帯広、平林英明社長)は今年も十勝産ラズベリーをぜいたくに使った期間限定ビール「フランボワーズ」を発売した。真っ赤な色と華やかな香りが特徴だ。  「フランボワーズ」...

十勝毎日新聞

ゆで落花生 今年も販売 十勝グランナッツ【帯広】

 十勝で落花生のバリューチェーン(価値の連鎖)化を目指す「十勝グランナッツLLC」(帯広、田中一郎代表)は12月1日から、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」をコープさっぽろなどで数量限定...

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス