北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

元町議板垣さん パン屋に転身 札内に宅配専門店【幕別】

 政治の世界からパン屋さんに転身-。元幕別町議の板垣良輔さん(33)が宅配専門のパン店「イタガキベーカリー」を開業した。かねての夢を実現した板垣さんは「パンを作るのが楽しくて楽しくて、早く朝にならないかなと思っている。毎朝ジャンプして起きています」と充実した笑顔を見せる。

「パンを喜んでもらえるのが一番の励み。もっともっと多くの人の笑顔を見られるよう頑張りたい」と張り切る板垣さん

 板垣さんは広尾町生まれ。中学生の頃から菓子作りが好きで、帯広三条高を卒業後、日本菓子専門学校(東京)に進学した。卒業後は都内でアルバイト生活を送っていたが、せっかく学んだ製菓の技術を原料が豊富な十勝で生かそうとUターン。菓子店の求人がなかったことから帯広市内のパン店に勤め、パン作りの楽しさに目覚めた。

 パン作りが楽しかった一方、勤務条件で疑問に思う点も。就労環境について相談するため日本共産党十勝地区委員会を訪ねたのを機に政党職員に。2015年の統一地方選で町議選に出馬し初当選した。

 町議2年目の16年4月、14年夏の原水爆禁止世界大会で出会った奈良県出身の恵さん(33)と遠距離恋愛を実らせ結婚。「いつかはパン屋を開きたい」という板垣さんに対し「自営業は不安定だから…」と心配する恵さんと2年ほど話し合いを重ね、転身を決意。町議を1期で引退した。

 町札内桜町に部屋を借り、帯広市内の元パン店の経営者から格安で譲り受けたオーブンやミキサー、面台などの一式を運びパン工場とし、今月1日から営業を始めた。介護職の恵さんも、チラシ作りなどでサポートする。

 販売するパンは10時間以上の長時間発酵にこだわった「天使のおしりパン」(1個100円)のみ。小麦粉の風味を生かすため、できる限り生地をこねず、パンチを3、4回行って形作るこだわりの一品。合成添加物や化学調味料は使用しない。「パンのおとも」としてパンに添える自家製ジャムやあんこ、カスタードクリーム、ポテトサラダなども2個100円で販売する。

 最もおいしく味わえるとの理由で「窯から出して2時間しか売らないと決めている」。宅配先は原則、札内桜町と札内西町のみとするが、「他の地域についてもご希望に応えられるよう努力したい」という。問い合わせは同店(0155・66・9613)へ。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...