北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

元町議板垣さん パン屋に転身 札内に宅配専門店【幕別】

 政治の世界からパン屋さんに転身-。元幕別町議の板垣良輔さん(33)が宅配専門のパン店「イタガキベーカリー」を開業した。かねての夢を実現した板垣さんは「パンを作るのが楽しくて楽しくて、早く朝にならないかなと思っている。毎朝ジャンプして起きています」と充実した笑顔を見せる。

「パンを喜んでもらえるのが一番の励み。もっともっと多くの人の笑顔を見られるよう頑張りたい」と張り切る板垣さん

 板垣さんは広尾町生まれ。中学生の頃から菓子作りが好きで、帯広三条高を卒業後、日本菓子専門学校(東京)に進学した。卒業後は都内でアルバイト生活を送っていたが、せっかく学んだ製菓の技術を原料が豊富な十勝で生かそうとUターン。菓子店の求人がなかったことから帯広市内のパン店に勤め、パン作りの楽しさに目覚めた。

 パン作りが楽しかった一方、勤務条件で疑問に思う点も。就労環境について相談するため日本共産党十勝地区委員会を訪ねたのを機に政党職員に。2015年の統一地方選で町議選に出馬し初当選した。

 町議2年目の16年4月、14年夏の原水爆禁止世界大会で出会った奈良県出身の恵さん(33)と遠距離恋愛を実らせ結婚。「いつかはパン屋を開きたい」という板垣さんに対し「自営業は不安定だから…」と心配する恵さんと2年ほど話し合いを重ね、転身を決意。町議を1期で引退した。

 町札内桜町に部屋を借り、帯広市内の元パン店の経営者から格安で譲り受けたオーブンやミキサー、面台などの一式を運びパン工場とし、今月1日から営業を始めた。介護職の恵さんも、チラシ作りなどでサポートする。

 販売するパンは10時間以上の長時間発酵にこだわった「天使のおしりパン」(1個100円)のみ。小麦粉の風味を生かすため、できる限り生地をこねず、パンチを3、4回行って形作るこだわりの一品。合成添加物や化学調味料は使用しない。「パンのおとも」としてパンに添える自家製ジャムやあんこ、カスタードクリーム、ポテトサラダなども2個100円で販売する。

 最もおいしく味わえるとの理由で「窯から出して2時間しか売らないと決めている」。宅配先は原則、札内桜町と札内西町のみとするが、「他の地域についてもご希望に応えられるよう努力したい」という。問い合わせは同店(0155・66・9613)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

道内チーズ 今年も集結 藤丸で17日までフェア【帯広】

 道内の乳製品を一堂に集めた「ミルク&ナチュラルチーズフェア2021」が14日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。会場は初日からチーズや牛乳などを買い求める人でにぎわっている。17日まで。 ...

十勝毎日新聞

厳寒に南国たわわ 余熱ですくすく【新得・音更】

 寒に入り十勝管内も一年で最も気温の低い時期を迎えているが、新得町や音更町のビニールハウスの中ではマンゴーやバナナといった南国を代表する果樹が実を付けている。熱源は温泉熱やバイオガスプラントの余剰...

十勝毎日新聞

畜大酒蔵「碧雲蔵」が日本酒の福袋販売【帯広】

 帯広畜産大内に今春開設された酒蔵「碧雲蔵」(帯広市稲田町西2線)で醸造した日本酒の福袋が、来月2日から数量限定で販売される=写真。  酒蔵は上川大雪酒造(上川管内上川町)などが建設した。大...

十勝毎日新聞

新年待つ「口取り菓子」 お菓子のまさおか【芽室】

 今年も残すところわずかとなり、十勝管内のスーパーや菓子店では正月の縁起物「口取り菓子」が並んでいる。芽室町の老舗「お菓子のまさおか」(正岡崇社長)でも、タイやツルなどの形に整えた色鮮やかな和...

十勝毎日新聞

町励ます「エールビール」 香り豊か、道の駅で販売【上士幌】

 道の駅かみしほろを運営する地域観光商社「karch(カーチ)」は、町内産の小麦とトウモロコシを使用した「かみしほろエールビール」を22日に発売した。町の魅力と思いが詰まったクラフトビールとな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス