北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

士幌高生「シベスコ」ソース開発 シーベリー活用【士幌】

シベスコをPRする(左から)前多さん、鈴木さん、伊藤さん。右は同専攻班顧問の桝田衣美教諭

 士幌高校地域資源専攻班の生徒たちが、香辛料の商品名で知られるタバスコにあやかり、町特産のシーベリーや唐辛子などを合わせたソース「SHIBESCO(シベスコ)」を開発した。辛さの中にもシーベリーの酸味が効いた味わいが特徴で、町の特産品として売り込んでいく考えだ。

 同校では食品加工や6次産業化などについて学ぶことを狙いに、校内で育てている牛の生乳や農作物などを使ってさまざまな加工品の開発に取り組んでいる。シーベリーもその一つで、これまでサイダーやドレッシングとして商品化につなげている。

 「シベスコ」は、生徒が修学旅行で訪れた広島県で、地元特産のレモンと青唐辛子を合わせた調味料「レモスコ」を見かけたことから着想を得た。

 シーベリーは校内の畑と下居辺地区の酒井ハスカップ農園で栽培しているものを使用。試作ではいろいろな料理に振り掛けながら酸味や辛さを調整した。ピザやパスタのほか、空揚げやサラダにかけても合いやすいという。

 商品のラベルデザインにもこだわった。シーベリーのオレンジ色を引き立たせるため黒色を基調に、刺激的な辛さを伝えようと「怒りのシーベリー」の文字をキャッチフレーズとして打ち出した。

 同専攻班の男子生徒(2年)は「酸味の後にこみ上げる辛さを味わって」、女子生徒(同)は「タバスコと同じように使ってみて」とPRしている。

 町内のまちづくり会社「チアーズ」が販売を担う。まずは地域行事や高校の販売会などで、シベスコを掛けた料理を試食してもらいながら限定販売する。価格は瓶入り1本(100ミリリットル)1000円前後を予定。同社の前多唯衣さん(19)は「地元の人に食べてもらい、その魅力が口コミやSNSで広がっていけば」と期待を寄せる。問い合わせはチアーズ(01564・7・7655)へ。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...