北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

士幌高生「シベスコ」ソース開発 シーベリー活用【士幌】

シベスコをPRする(左から)前多さん、鈴木さん、伊藤さん。右は同専攻班顧問の桝田衣美教諭

 士幌高校地域資源専攻班の生徒たちが、香辛料の商品名で知られるタバスコにあやかり、町特産のシーベリーや唐辛子などを合わせたソース「SHIBESCO(シベスコ)」を開発した。辛さの中にもシーベリーの酸味が効いた味わいが特徴で、町の特産品として売り込んでいく考えだ。

 同校では食品加工や6次産業化などについて学ぶことを狙いに、校内で育てている牛の生乳や農作物などを使ってさまざまな加工品の開発に取り組んでいる。シーベリーもその一つで、これまでサイダーやドレッシングとして商品化につなげている。

 「シベスコ」は、生徒が修学旅行で訪れた広島県で、地元特産のレモンと青唐辛子を合わせた調味料「レモスコ」を見かけたことから着想を得た。

 シーベリーは校内の畑と下居辺地区の酒井ハスカップ農園で栽培しているものを使用。試作ではいろいろな料理に振り掛けながら酸味や辛さを調整した。ピザやパスタのほか、空揚げやサラダにかけても合いやすいという。

 商品のラベルデザインにもこだわった。シーベリーのオレンジ色を引き立たせるため黒色を基調に、刺激的な辛さを伝えようと「怒りのシーベリー」の文字をキャッチフレーズとして打ち出した。

 同専攻班の男子生徒(2年)は「酸味の後にこみ上げる辛さを味わって」、女子生徒(同)は「タバスコと同じように使ってみて」とPRしている。

 町内のまちづくり会社「チアーズ」が販売を担う。まずは地域行事や高校の販売会などで、シベスコを掛けた料理を試食してもらいながら限定販売する。価格は瓶入り1本(100ミリリットル)1000円前後を予定。同社の前多唯衣さん(19)は「地元の人に食べてもらい、その魅力が口コミやSNSで広がっていけば」と期待を寄せる。問い合わせはチアーズ(01564・7・7655)へ。

関連記事

室蘭民報

混ぜて、切って「面白い」…登別蕎麦道場が講習会【登別】

 そば愛好者でつくる登別蕎麦(そば)道場(中山満晴代表)は、室蘭市港北町のサンライフ室蘭で、そば打ち講習会を開いた。参加した市民ら受講生10人が、空知管内幌加内町産のそば粉を使って二八そばに仕立...

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法...

室蘭民報

絶景がスパイスに…温泉街に初のスープカレー店【洞爺湖】

万世閣「HLAHAL」  洞爺湖町の洞爺湖温泉街に初めてのスープカレー専門店「スープカリーHLAHAL(ハラハル)」が12日オープンした。厳選の道産野菜を使用した味わい深いスープカレーを、洞爺湖...

室蘭民報

毛ガニ漁が解禁、初水揚げされ港が活気づく【登別】

 胆振太平洋海域(室蘭市―むかわ町)の毛ガニ漁が10日に解禁された。登別漁港(登別港町)では、11日に約1160キロを初水揚げ、夏到来を告げる真っ赤な旬の味覚が港を活気づけている。初日の取引額は高...

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見..

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(い...