北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

士幌高生「シベスコ」ソース開発 シーベリー活用【士幌】

シベスコをPRする(左から)前多さん、鈴木さん、伊藤さん。右は同専攻班顧問の桝田衣美教諭

 士幌高校地域資源専攻班の生徒たちが、香辛料の商品名で知られるタバスコにあやかり、町特産のシーベリーや唐辛子などを合わせたソース「SHIBESCO(シベスコ)」を開発した。辛さの中にもシーベリーの酸味が効いた味わいが特徴で、町の特産品として売り込んでいく考えだ。

 同校では食品加工や6次産業化などについて学ぶことを狙いに、校内で育てている牛の生乳や農作物などを使ってさまざまな加工品の開発に取り組んでいる。シーベリーもその一つで、これまでサイダーやドレッシングとして商品化につなげている。

 「シベスコ」は、生徒が修学旅行で訪れた広島県で、地元特産のレモンと青唐辛子を合わせた調味料「レモスコ」を見かけたことから着想を得た。

 シーベリーは校内の畑と下居辺地区の酒井ハスカップ農園で栽培しているものを使用。試作ではいろいろな料理に振り掛けながら酸味や辛さを調整した。ピザやパスタのほか、空揚げやサラダにかけても合いやすいという。

 商品のラベルデザインにもこだわった。シーベリーのオレンジ色を引き立たせるため黒色を基調に、刺激的な辛さを伝えようと「怒りのシーベリー」の文字をキャッチフレーズとして打ち出した。

 同専攻班の男子生徒(2年)は「酸味の後にこみ上げる辛さを味わって」、女子生徒(同)は「タバスコと同じように使ってみて」とPRしている。

 町内のまちづくり会社「チアーズ」が販売を担う。まずは地域行事や高校の販売会などで、シベスコを掛けた料理を試食してもらいながら限定販売する。価格は瓶入り1本(100ミリリットル)1000円前後を予定。同社の前多唯衣さん(19)は「地元の人に食べてもらい、その魅力が口コミやSNSで広がっていけば」と期待を寄せる。問い合わせはチアーズ(01564・7・7655)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

日高報知新聞

つけものコンクールで渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】町女性団体の伝統行事「第56回えりも町つけものコンクール」が13日、町福祉センターで開かれ、町内の主婦らが自家製の自慢の漬物を持ち寄って味を競い合った。町女性団体連絡協議会(川崎尚子会長...

十勝毎日新聞

道内の乳製品一堂に ミルク&ナチュラルチーズフェア【帯広】

 「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」が16日、帯広市内の藤丸7階催し会場で開幕した。道内各地の57社、約550品目の乳製品が一堂に集まり、来場者は目当ての商品を買い求めていた。21日まで...

十勝毎日新聞

ビーツをジュースに クリサポとかち【帯広】

 帯広地域雇用創出協議会は、十勝産ビーツを使った健康ジュースなどの商品を開発した。今後、管内の食品製造事業所や飲食店に対しレシピを提供する予定。  雇用につながるサービスを開発し、管内事業者へ...

室蘭民報

自慢の「ほうれん草」ぜひ、木村大作農園が出荷【壮瞥】

 壮瞥町滝之町の木村大作農園(木村大作さん経営)は、昨年12月下旬から食品スーパー地場大手・ウロコ(本社・伊達市松ヶ枝町、斎藤光太郎代表取締役)に「寒締めちぢみほうれん草」の出荷を始めた。「地元...