北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

花咲貯氷・冷蔵第2工場着工 供給体制を安定化【根室】

神事などを行い、工事の安全を祈願した

 根室漁協が進める花咲貯氷・冷蔵第2工場新築工事の地鎮祭が27日、建設場所の花咲港368番地で開かれ、祝詞の奏上や玉串の奉納など神事を行い、建設工事の安全を祈願した。

 同漁協は花咲地区に、製氷貯氷冷蔵設備を持つ第1工場と貯氷施設の第2工場を有し、花咲港に水揚げされる漁獲物の鮮度保持に必要な氷を安定して供給し、需要に応じて外来船、市内漁協、加工流通業者に対しても供給してきた。

 第1工場は平成20年度に強い水産業づくり交付金で建て替えた。第2工場は昭和48年に建設し、稼働してきたが、サンマ棒受け網漁業、サケ定置網漁業、各種沿岸漁業などの水揚げが減少している一方で、電気・水道料金等の上昇もあり、施設運営経費の負担が大きな課題となっていた。

 今年から公海サンマ漁の新規開始や、サケマス流し網漁の禁止で新たにホタテ漁場を造成したことに伴い、流通のための保管施設の需要が発生。現状ではニーズに対応可能な施設がないことから、今後の鮮度保持に対する氷の需要などに対応できるように第2工場を再整備し、氷供給体制の安定化、魚価の向上、流通体制の確立を図り、地域全体の競争力のさらなる強化を目指すことを目的に、新築することとなった。

 建設は水産業競争力強化緊急施設整備事業として実施され、事業費は12億2639万円(税抜き)で、国が2分の1を補助する。鉄骨造一部3階建の延べ床面積2776・72平方メートル。貯氷最大4732トン、冷蔵最大1100トンで、氷需要閑散期には一部機能の切り替え式により、冷蔵保管に対応可能となっている。工期は27日から来年2月までで、渡辺・高橋特定建設工事共同企業体が施工する。

 27日午後から行われた地鎮祭には市内各漁協、市、振興局など関係機関、団体から約50人が出席。祝詞の奏上や玉串をささげ神事を行い、建設工事の安全を祈願した。

 終了後には根室漁協の大坂鉄夫組合長が「本来四漁協での運営を考えていたが、根室漁協が建設するということになった。しかし、製氷工場は欠かせない重要な施設で氷なくして漁業の生産はなく、四組合が今後とも事業に深くかかわりながら、運営する考えで取り組んでいきたい」と話した。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...