北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

北方領土まで歩こう会 今年は9月16日【根室】

今年は9月16日に開催することを決めた北方領土まで歩こう会実行委員会

 第15回北方領土まで歩こう会の実行委員会(実行委員長・竹本勝哉副市長)が27日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、今年は9月16日に開くことを決めた。コースは従来通り国後(16キロ)、水晶(7キロ)、貝殻(3.7キロ)の3コースで、昨年と同じく「ニ・ホ・ロ」で受け付けを行った後、シャトルバスで各スタート地点に移動し、ゴールの納沙布岬を目指す。

 歩こう会は、誰でも参加できるスポーツであるウオーキングで北方領土までの距離である国後、水晶、貝殻の3コースを実際に歩き、その近さを実感してもらうとともに領土問題への関心を高める啓発事業で、内閣府の委託事業として北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)が主催し、平成17年度から開いている。

 実行委員会では、実行委員長に竹本副市長、副実行委員長に根室管内四町の副町長を選出。竹本実行委員長は「北方領土までの距離を歩き、その近さを実感し、北方領土返還要求運動を身近に感じてもらえる大会にしたい」とあいさつした。大会日程は9月16日で、今年も国後(16キロ)、水晶(7キロ)、貝殻(3.7キロ)の3コースで実施することを決めた。参加定員は1200人で、8月1日から募集を開始。定員になり次第、締め切る。

 大会当日は、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロを集合場所に、距離別に16キロの国後コースは午前7時15分から、7キロの水晶コースは同8時5分、3.7キロの貝殻コースは同9時5分からそれぞれ参加受付を開始。スタート地点は、国後コースが根室ゴルフ場前、水晶コースは歯舞総合コミュニティセンターあさひ前、貝殻コースは旧珸瑤瑁保育園前で、スタート地点まではシャトルバスで移動。距離別にスタート時間を1時間ごとにずらし、国後コースは午前9時、水晶コースは同10時、貝殻コースは同11時とする。なお、ゴール後は「北方領土返還祈願フェスティバル」を開き、昼食をとりながら参加者同士交流を深める。

 第2回以降は、千人を超える参加者を数えていたが、平成27年の第11回以降の1千人を割り込み、昨年の第14回は727人まで落ち込んでいる。実行委員会では「マンネリになってきているのではないか」との意見があったほか、「管内の人から、根室市の行事だと思っていたとの話もあった。参加者に管内4町の特産品をプレゼントするなど工夫してはどうか」とのアイデアの提案もあった。今大会では、昼食の弁当の内容を一新する方向で事業者と協議する予定で、竹本実行委員長は「委員の意見などを参考に次年度以降、知恵を出していきたい」と話していた。

関連記事

根室新聞

道指定有形文化財「和田屯田兵村の被服庫」一般公開 16日まで【根室】

 市教委は13日から、道指定有形文化財の「和田屯田兵村の被服庫」=西和田568番地2=を一般公開している。今年は、明治22年の入植時から使用していたとみられる木製のたんすや火鉢、鉄瓶など10点...

苫小牧民報

JR日高線、来年3月廃止へ 管内7町、9月にも最終合意

 JR北海道が廃止・バス転換を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、日高管内7町は12日、来年3月末の同線区の廃止と同4月からのバス転換に向け、9月にもJR北と協定を締結する...

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならで...

室蘭民報

自営無線使い機関車を監視 日鉄が室蘭製鉄所で実証事業【室蘭】

5G導入見据え  日本製鉄は12日、室蘭製鉄所で第5世代移動通信システム(5G)の導入を見据えた、自営無線網による実証事業を行うと発表した。構内を走行するディーゼル機関車に搭載したカメラで運行状況...

室蘭民報

歴史や文化、関心高く ウポポイ開業1カ月【白老】

入場者3万5千人/小中高の予約680校  白老町の民族共生象徴空間・ウポポイの開業から12日で1カ月が経過した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で入場制限が続く中、10日現在の入場者は3万5409人...