北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

はこだてトリエンナーレ開幕 2市1町にアート作品

 みなみ北海道を旅する芸術祭「はこだてトリエンナーレ」(実行委などが主催)が28日、函館市内や北斗市内、木古内町など約15カ所の駅舎やギャラリーで始まった。7月21日まで。

 同芸術祭は3年に1度の開催。今回は道南ゆかりのアーティスト約30人による作品が各会場で展示され、個性豊かな現代アートを展開している。

 このうち、時任町のカフェ「プランタール」では、東京都在住の美術家、南椌椌(くうくう)さん(68)が自分なりの土偶を表現した「テラコッタ」が約70点、ガラスの片面に絵の具で妖精の顔を描いたガラス絵8点のほか、舞踏専門の写真家、故神山貞次郎さんの写真18点が飾られている。  このほか、オープニングイベントとしてダンサーの山田せつ子さん(東京)が独特の世界観をもつダンスを披露した。南さんは「美味しいランチを食べながらぜひ作品を見にきてください」と呼び掛けている。

テラコッタとガラス絵を手掛けた南さん

木古内町長室にも作品展示

 木古内町内では、役場町長室に石川潤さん(七飯町)の絵画作品「木ノ葉」、町郷土資料館「いかりん館」に藤原千也さん(十勝管内中札内村)の立体作品群「光景」、木古内駅連絡通路に葉駿融さん(台湾)の組み写真「Thetis」をそれぞれ展示する。

 大森伊佐緒町長は町長室に飾られた、板に直描きの作品を前に「キャンパスに描かれたものをイメージしていたので驚いた。インパクトがありますね」と感心。「期間中は誰でも町長室にどうぞ」と呼び掛ける(土日祝日は閉庁)。

 北斗市の自営業、八木橋良一さん(57)と妻の里香さん(55)は、瀬戸内国際芸術祭をはじめ各地のトリエンナーレを訪れているといい、良一さんは「よそに出しても恥ずかしくない“インスタ映え“する作品がそろっていますね」、里香さんは「木古内駅の組み写真が良かった」と話していた。

作品を前に、町長室を訪れた人と談笑する大森町長(右)

関連記事

根室新聞

桐沢享さん 地元の風景描いたスケッチ20選を展示【根室】

 長年にわたって根室地方の風景を描いている桐沢享さん(85)の「根室100景スケッチ展」が、27日から市図書館2階集会室で開かれる。5月から9月にかけて本紙に連載した100景とは別に描いた新作2...

苫小牧民報

引っ越しピークに 災害公営住宅が完成-厚真

 災害公営住宅の入居対象は、地震により自宅が全壊した世帯。町では3地区で計32戸の災害公営住宅を整備した。  このうち公開した新町地区は2LDK(床面積75平方メートル前後)と3LDK(延べ床...

名寄新聞

サバイバルゲームin名寄・雨天でも来場者でにぎわう【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会による「サバイバルゲームin名寄」が24日、名寄ピヤシリスキー場特設会場で開かれた。万全の感染症予防対策の下、全道各地からの出場選手約190人をはじめ、多くの観客でにぎ...

日高報知新聞

全国大会で上位目指す

 18日に札幌市南区のほくせい乗馬クラブで開かれた第40回北海道乗馬スポーツ少年団交流馬術大会第7競技の北海道乗馬少年団選手権競技(JEF小障害A競技、高さ100㌢幅120㌢以内)で浦河乗馬スポーツ少...

日高報知新聞

鵡川―様似 来年4月廃止

【日高】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)とJR北海道による「JR日高線鉄道事業廃止に伴う同意及び覚書締結式」が23日、門別総合町民センターで開かれ、災害で運休中のJR日高線鵡川―様似間(116...