北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

市民会館大ホール緞帳、半世紀の汚れ落とす【函館】

市民会館大ホールのステージ上で行われた緞帳の洗浄作業

 耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで28日、緞帳の洗浄作業が行われた。1970年の開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。

 同館は2017年11月から工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。

 最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗織物メーカー、川島織物セルコンが実施。作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏(1913~89年)が北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。

 同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さん(50)は「十二分に汚れている状態だったが、クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができる」と話していた。

関連記事

根室新聞

桐沢享さん 地元の風景描いたスケッチ20選を展示【根室】

 長年にわたって根室地方の風景を描いている桐沢享さん(85)の「根室100景スケッチ展」が、27日から市図書館2階集会室で開かれる。5月から9月にかけて本紙に連載した100景とは別に描いた新作2...

苫小牧民報

引っ越しピークに 災害公営住宅が完成-厚真

 災害公営住宅の入居対象は、地震により自宅が全壊した世帯。町では3地区で計32戸の災害公営住宅を整備した。  このうち公開した新町地区は2LDK(床面積75平方メートル前後)と3LDK(延べ床...

名寄新聞

サバイバルゲームin名寄・雨天でも来場者でにぎわう【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会による「サバイバルゲームin名寄」が24日、名寄ピヤシリスキー場特設会場で開かれた。万全の感染症予防対策の下、全道各地からの出場選手約190人をはじめ、多くの観客でにぎ...

日高報知新聞

全国大会で上位目指す

 18日に札幌市南区のほくせい乗馬クラブで開かれた第40回北海道乗馬スポーツ少年団交流馬術大会第7競技の北海道乗馬少年団選手権競技(JEF小障害A競技、高さ100㌢幅120㌢以内)で浦河乗馬スポーツ少...

日高報知新聞

鵡川―様似 来年4月廃止

【日高】日高町村会(会長・坂下一幸様似町長)とJR北海道による「JR日高線鉄道事業廃止に伴う同意及び覚書締結式」が23日、門別総合町民センターで開かれ、災害で運休中のJR日高線鵡川―様似間(116...