北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

市民会館大ホール緞帳、半世紀の汚れ落とす【函館】

市民会館大ホールのステージ上で行われた緞帳の洗浄作業

 耐震改修工事のため長期休館中の函館市民会館大ホールで28日、緞帳の洗浄作業が行われた。1970年の開館当初から使用しているため、50年が目安とされる耐用年数とほぼ同程度の歳月が経過し、劣化も目立つ状態。作業員が洗浄用の機械を用いて丁寧に表面の汚れを落とした。

 同館は2017年11月から工事のため休館中。建物本体の工事はほぼ終わり、他の備品とともに市内で保管していた緞帳を今月22日にホールに戻し、裏地の交換、ほつれの補修などを進めてきた。

 最終盤の工程となるクリーニング作業は、緞帳を製作した京都の老舗織物メーカー、川島織物セルコンが実施。作業員は、泡の出る手のひら大の円形のブラシを使って汚れを浮き立たせ、バキュームでの吸い取りなどを実施。終了後は防炎加工も施した。

 大ホールの緞帳は、同社の製品でも現役最古級の1点だという。原画は、函館の画家、橋本三郎氏(1913~89年)が北洋漁業の出港風景を描いた「暁照残月」。経年による色あせはあるが、作業によってカモメの翼は白く、山肌は青々となり、特殊な素材が使われた太陽や月は輝きを取り戻した。

 同社美術工芸営業部主幹の滝上和則さん(50)は「十二分に汚れている状態だったが、クリーニングによって繊維の劣化を抑えることができる」と話していた。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...