北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「なつぞら」で注目の「白蛇姫舞」練習に熱 然別湖畔で6日「まつり」【鹿追】

 第47回白蛇姫まつりが7月6日午後6時半から、然別湖畔で開かれる。今年はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」で、祭りのテーマになっている町の伝承「白蛇姫物語」を想起させるシーンもあり、例年以上の盛り上がりが期待される。

練習に熱が入る子どもたち

 白蛇姫物語は然別湖にまつわる伝説で、凶作に見舞われたアイヌの村を女神とその使いの白蛇が救ったという物語。1972年に町商工会青年部を中心に、物語を踊りで表現する「白蛇姫舞」を創作。豊穣(ほうじょう)を祈って舞を奉納する場として、同年から祭りを始めた。

 白蛇姫舞は、全長10メートル前後の親蛇と子蛇を担ぎ、うねったり渦を巻いたりしながら物語の世界観を表現する。祭りでは大人の舞に加え、中学生を中心とした「子ども白蛇姫舞」も披露される。

 子ども舞の今年のメンバーは19人で、本番に向けて練習を重ねている。26日に町民ホールで行った練習には、「なつぞら」の特集番組のためNHK帯広放送局の取材も入り、注目の高さをうかがわせた。親蛇の先頭を担ぐ大橋翔太くん(鹿追中2年)は「大技がきれいに決まり、声援をもらえるとうれしい。注目されている中で、とにかくミスをしないように頑張る」と意気込んでいる。

 当日は、ピアニスト大塚賢太郎さんや、MY’sのコンサートに続き、午後7時半から「子ども白蛇姫舞」。同8時からアイヌの神事カムイ・ノミを行った後、保存会が舞を披露する。

 問い合わせは町観光インフォメーションデスク(0156・66・1135)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

360度「桜」…迫力の展示徐々に 開幕へ準備本格化【帯広】

 写真家の枠を超え、映画やデザインなど幅広い分野で活躍する蜷川実花(にながわ・みか)さんの写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)は19日の開幕が迫り、会場となる...

室蘭民報

活センで「仲間展」始まる 感性光る8人の写真【室蘭】

 1966年(昭和41年)の設立後、活動歴が半世紀を超える写真愛好家グループ・フォトグループ室蘭の作品を集めた「仲間展」が14日、室蘭市中島町の生涯学習センターきらん2階にある市民活動センターで...

十勝毎日新聞

蹴散らせコロナ 10月10日「大食い王」【幕別】

 目指せ、大食い王-。新型コロナウイルス禍でイベント中止が相次ぐ中、NPO幕別札内スポーツクラブと幕別清陵高校生徒会が、幕別町産のナガイモを使ったお好み焼きによる「大食い王決定戦」を企画した。...