北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「なつぞら」で注目の「白蛇姫舞」練習に熱 然別湖畔で6日「まつり」【鹿追】

 第47回白蛇姫まつりが7月6日午後6時半から、然別湖畔で開かれる。今年はNHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」で、祭りのテーマになっている町の伝承「白蛇姫物語」を想起させるシーンもあり、例年以上の盛り上がりが期待される。

練習に熱が入る子どもたち

 白蛇姫物語は然別湖にまつわる伝説で、凶作に見舞われたアイヌの村を女神とその使いの白蛇が救ったという物語。1972年に町商工会青年部を中心に、物語を踊りで表現する「白蛇姫舞」を創作。豊穣(ほうじょう)を祈って舞を奉納する場として、同年から祭りを始めた。

 白蛇姫舞は、全長10メートル前後の親蛇と子蛇を担ぎ、うねったり渦を巻いたりしながら物語の世界観を表現する。祭りでは大人の舞に加え、中学生を中心とした「子ども白蛇姫舞」も披露される。

 子ども舞の今年のメンバーは19人で、本番に向けて練習を重ねている。26日に町民ホールで行った練習には、「なつぞら」の特集番組のためNHK帯広放送局の取材も入り、注目の高さをうかがわせた。親蛇の先頭を担ぐ大橋翔太くん(鹿追中2年)は「大技がきれいに決まり、声援をもらえるとうれしい。注目されている中で、とにかくミスをしないように頑張る」と意気込んでいる。

 当日は、ピアニスト大塚賢太郎さんや、MY’sのコンサートに続き、午後7時半から「子ども白蛇姫舞」。同8時からアイヌの神事カムイ・ノミを行った後、保存会が舞を披露する。

 問い合わせは町観光インフォメーションデスク(0156・66・1135)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ばんば盛り」でばんえい記念盛り上げ 提供飲食店募集【帯広】

 大盛りメニューで“大盛り上げ”を-。ばんえい十勝は、3月21日開催のばんえい最高峰レース「第53回ばんえい記念」(BG1)に合わせ、巨体のばん馬を連想させる大盛りなどのメニューを「ばんば盛り」とし...

十勝毎日新聞

オブジェ鮮やか「彩凛華」開幕 十勝川温泉【音更】

 十勝川温泉の冬を彩るイベント「第30回おとふけ十勝川白鳥まつり彩凛華(さいりんか)」(実行委員会主催)が23日、町内の十勝が丘公園ハナック広場で開幕した。新型コロナウイルスの拡大で規模を縮小...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...

十勝毎日新聞

しばれ歓迎 イグルー着々 然別湖「コタン」30日開幕【鹿追】

 鹿追町の然別湖に雪と氷でつくった建物「イグルー」が並ぶ「しかりべつ湖コタン」。30日の開幕を目指し、準備が急ピッチで進んでいる。20日は二十四節気の一つで、寒さが最も厳しい時期とされる「大寒...

名寄新聞

神秘的な絶景を楽しむ・森の生活「ムーンウオーク」【下川】

 満月に照らされた積雪の森林を歩く、NPO法人森の生活(麻生翼代表)主催「ムーンウオーク」が、今年も積雪シーズンの満月の日に五味温泉に隣接するエコハウス「美桑」前に集合、体験の森で開かれる。 ...