北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

初夏彩る神社祭り―華やかなステージ繰り広げる【室蘭】

 小暑の7日、室蘭市内では、小橋内町の小橋内稲荷神社祭と、祝津町の祝津神社祭典がそれぞれ本祭を迎えた。午後に入り気温が20度を超える陽気に恵まれ、伝統の手踊りの行列が練り歩いたり、まつり会場では華やかなステージが繰り広げられた。

小橋内

北海盆唄などに乗せて手踊りに興じる子どもたち=7日午前、小橋内町

 小橋内稲荷神社の神社祭・ふるさと子ども祭りの本祭は午前9時半、伝統の手踊りがまつり会場の小橋内1丁目公園を出発。子どもたちを中心に法被姿の約60人が、室蘭ではおなじみ、水前寺清子さんが歌う北海盆唄や、YOSAKOIの定番曲など約20曲に乗せて、たおやかに踊り歩いた。

 YOSAKOIチーム・室蘭ルネッサンスの本拠地だけに踊りにキレがあり、2カ所ある広場では、輪になって踊りあかした。沿道の住民が軒先に出て、45年ほど続く地域の伝統行事を見守った。子ども神輿(みこし)の渡御は、学校の行事などと重なり担ぎ手が少なく、トラックの荷台に載せて町内を一巡した。午後には同公園で子ども餅まきやYOSAKOIの演舞などがあり、のど自慢による夜のカラオケ大会で締めくくった。

祝津

大勢の町民が集まり盛り上がった餅まき=7日午後、祝津町

 祝津神社祭典の本祭は、祝津臨海公園で午後に入り多彩なステージが繰り広げられた。心地よい潮風を肌に感じながら、地元・祝津商店会による露店の味に舌鼓を打つなど、まつりを思い思いに楽しむ町民の姿が見られた。

 ステージは、午後1時の室蘭西中学校吹奏楽部の演奏で華々しく幕を開けると、市内のYOSAKOIソーランチーム「室蘭ルネッサンス」が迫力ある演舞を届けた。

 恒例の餅まきには、大勢の町民が詰め掛け、「福」をつかもうと懸命に手を伸ばした。大友勇奉賛会長ら祭典役員3人がステージに立ち、紅白餅千個と、子ども向けにお菓子を一斉にまくと、袋を手にした親子連れらが「こっちにも投げてー」と声を張り上げ、無事に“キャッチ”できると笑顔が広がっていた。

関連記事

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...

名寄新聞

明かり楽しむ多彩な仕掛けを・2月15、16日に下川アイキャンM【下川】

 「しもかわアイスキャンドルミュージアム」は、2月15、16日の両日に開かれる。例年、金曜日からの3日間だった開催日を、今年は土・日曜日の2日間に短縮。会場も、多彩な催しを行う「フェスティバル」に...

名寄新聞

GW明けに宗谷本線観光列車・今年は「花たび そうや」【名寄・美深】

 JR北海道は、5月8日から6月7日までの毎週金・土・日曜日に宗谷本線で観光列車「花たび そうや」号を運行する。今年は自社車両の「山紫水明」シリーズ2両編成を使用し、期間の前半は旭川~音威子府...

十勝毎日新聞

コーヒー片手にアイスバブル楽しもう 氷上のカフェ【上士幌】

 上士幌町観光協会(市田雅之会長)は糠平湖の氷上で、ホットコーヒーなどを販売するカフェを19日正午から開設する。カフェ横には、昨年、話題となり大勢の人が訪れたアイスバブルも常時見られるようテントを...