北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

町内の果樹園でサクランボ狩りのシーズン迎える【壮瞥】

赤く熟したサクランボの実。連日多くの観光客が訪れている=岩倉果樹園

 壮瞥町内の果樹園18軒で構成する「そうべつくだもの村」では、今年もサクランボ狩りのシーズンを迎えた。赤く熟した実を求め、国内外から連日多くの観光客が訪れている。品種によって異なるが、8月上旬まで楽しめる。

 同くだもの村によると、サクランボ狩りは、例年より1週間ほど早い6月下旬から各果樹園で順次始まった。品種は「佐藤錦」や「南陽」「紅秀峰」などが多いという。

 近藤果樹園(滝之町)はハウスと露地で5種類ほどを育成している。同園の近藤悦子さんは「今年は実のなり方が非常に良いですね」と自信を見せる。

 ここ数年はタイやマレーシアなど、外国人観光客も来園する。「外国の方は以前だと団体でいらっしゃることが多かったのですが、最近は個人客も増えていますね」(近藤さん)と話す。

 岩倉果樹園(同)では、8種類ほどのサクランボを作っている。道内からの観光客が多く、個人、団体がそれぞれ半数ほど。天候に恵まれたため、実の出来は良いという。

 毎年来園している苫小牧市三光町の山崎明美さん(43)は「木によってサクランボの味が違うので、食べ比べるのが楽しいですね」と笑顔を見せた。

 くだもの村の入園料は中学生以上1080円、小学生880円、3歳以上680円。各果樹園で雨よけがあるので雨天でも可能。問い合わせは同くだもの村、電話0142・66局2333番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「世界最高のチーズを」 国際コンで銅賞の共働学舎【新得】

 ワールドチーズアワード2019(10月、イタリア)で、カマンベールタイプの「笹ゆき」が銅賞のブロンズメダルを獲得した共働学舎新得農場(宮嶋望代表)。国産ナチュラルチーズの第一人者として結果に満足...

室蘭民報

わかさいも本舗の松澤さんが洋菓子コンテストで銅賞【登別】

4種の小型ケーキ銅賞  わかさいも本舗登別工場(登別市若山町)のパティシエ・松澤真希さん(33)が、日本最大の洋菓子コンテスト・2019ジャパン・ケーキショー東京(10月15~17日)で、プティ...

室蘭民報

栄養士監修一日各10食…Eスプーン、今月のメニュー【伊達】

よくばりバージョン  栄養士の山田公子さん 「全国の伝統お祝い料理を集めてみました」。850円。  ▽ばらずし(京都府) 甘いサバのおぼろ(そぼろ)がたっぷり。  ▽のっぺい汁(三重県) 片栗粉や...

十勝毎日新聞

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン【東京】

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モ...

室蘭民報

スズキのシシャモが明治神宮秋の大祭に39年連続奉納【むかわ】

 むかわ町花園の水産加工品販売業「●スズキ」(鈴木譲代表取締役)のシシャモが、今年の明治神宮秋の大祭(11月1~3日)に奉納されることが決まった。今回で39年連続となる吉報に、鈴木社長は「これまで...