北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

町内の果樹園でサクランボ狩りのシーズン迎える【壮瞥】

赤く熟したサクランボの実。連日多くの観光客が訪れている=岩倉果樹園

 壮瞥町内の果樹園18軒で構成する「そうべつくだもの村」では、今年もサクランボ狩りのシーズンを迎えた。赤く熟した実を求め、国内外から連日多くの観光客が訪れている。品種によって異なるが、8月上旬まで楽しめる。

 同くだもの村によると、サクランボ狩りは、例年より1週間ほど早い6月下旬から各果樹園で順次始まった。品種は「佐藤錦」や「南陽」「紅秀峰」などが多いという。

 近藤果樹園(滝之町)はハウスと露地で5種類ほどを育成している。同園の近藤悦子さんは「今年は実のなり方が非常に良いですね」と自信を見せる。

 ここ数年はタイやマレーシアなど、外国人観光客も来園する。「外国の方は以前だと団体でいらっしゃることが多かったのですが、最近は個人客も増えていますね」(近藤さん)と話す。

 岩倉果樹園(同)では、8種類ほどのサクランボを作っている。道内からの観光客が多く、個人、団体がそれぞれ半数ほど。天候に恵まれたため、実の出来は良いという。

 毎年来園している苫小牧市三光町の山崎明美さん(43)は「木によってサクランボの味が違うので、食べ比べるのが楽しいですね」と笑顔を見せた。

 くだもの村の入園料は中学生以上1080円、小学生880円、3歳以上680円。各果樹園で雨よけがあるので雨天でも可能。問い合わせは同くだもの村、電話0142・66局2333番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...