北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見町のマルトマ食堂

リニューアルしたレトルトカレーをPRする三浦店長

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(いまだ)店長(40)。市内のスーパーやホテル、新千歳空港内の売店などに順次、並ぶ予定だ。

 マルトマ食堂は、午前5時に開店する浜の飲食店。苫小牧港に早朝、到着するフェリー客をはじめとする観光客らの人気も集めている。

 レトルトパックは、ホッキカレーの持ち帰りを希望する客が多かったため「店に来られない人や自宅で食べたい人の声に応えよう」と商品開発に着手。試作を経て2009年2月、発売にこぎつけた。

 初年度は500食(1食250グラム)を製造。1年かけて売り切る計画で店頭などで扱っていたが、1カ月たたずに完売しており近年は年間約2万食を売る人気商品に成長した。

 リニューアルに当たってはレトルトパックを製造する、小樽市の食品製造メーカーと試行錯誤を重ね、6月29日に完成。ホッキ貝の甘みとカレーのこく、色合いなどが「店の味に近づいた」(三浦店長)という。

 内容量は変わらず、道内で水揚げされたゆでホッキ貝約50グラムを使用する。パッケージについてもリニューアルを検討したが、「黒地の高級感や未店長の父、秀夫社長の満面の笑顔も親しまれてきた」(市場関係者)とし、現状維持とした。マルトマ食堂では、1食1000円(税込み)で販売する。

 10日に第1弾として、オートリゾート苫小牧アルテンのゆのみの湯売店向けに30食を出荷。三浦店長は「10年も愛してもらえると思っていなかった。感謝を込め、さらにおいしい商品を届けたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...