北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

レトルトホッキカレー、おいしく一新 発売10周年「店の味に近づく」-汐見町のマルトマ食堂

リニューアルしたレトルトカレーをPRする三浦店長

 苫小牧市汐見町1のマルトマ食堂は、2009年の発売から10周年を迎えたレトルトホッキカレーをリニューアルした。特徴であるホッキ貝の甘みとこくが強調され、「さらにおいしく仕上がった」と三浦未(いまだ)店長(40)。市内のスーパーやホテル、新千歳空港内の売店などに順次、並ぶ予定だ。

 マルトマ食堂は、午前5時に開店する浜の飲食店。苫小牧港に早朝、到着するフェリー客をはじめとする観光客らの人気も集めている。

 レトルトパックは、ホッキカレーの持ち帰りを希望する客が多かったため「店に来られない人や自宅で食べたい人の声に応えよう」と商品開発に着手。試作を経て2009年2月、発売にこぎつけた。

 初年度は500食(1食250グラム)を製造。1年かけて売り切る計画で店頭などで扱っていたが、1カ月たたずに完売しており近年は年間約2万食を売る人気商品に成長した。

 リニューアルに当たってはレトルトパックを製造する、小樽市の食品製造メーカーと試行錯誤を重ね、6月29日に完成。ホッキ貝の甘みとカレーのこく、色合いなどが「店の味に近づいた」(三浦店長)という。

 内容量は変わらず、道内で水揚げされたゆでホッキ貝約50グラムを使用する。パッケージについてもリニューアルを検討したが、「黒地の高級感や未店長の父、秀夫社長の満面の笑顔も親しまれてきた」(市場関係者)とし、現状維持とした。マルトマ食堂では、1食1000円(税込み)で販売する。

 10日に第1弾として、オートリゾート苫小牧アルテンのゆのみの湯売店向けに30食を出荷。三浦店長は「10年も愛してもらえると思っていなかった。感謝を込め、さらにおいしい商品を届けたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...