北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河でメロン栽培成功【浦河】

ハウス内のメロンと鳥井さん

浦河町上向別で軽種馬を営む鳥井征士さん(54)が、この地では生育が難しいメロン栽培に成功し、これまで約200玉をひだか東農協に出荷した。町内でメロンの農協出荷は鳥井さんが初となる。

 鳥井さんは軽種馬業を営むかたわら、空き時間を使ってハウス栽培を始め、これまで冬レタスを栽培してきた。

 昨年から趣味でメロン栽培を始め、予想より出来が良かったことから、今年は販売を目指し本格的に取り組み、ハウス2棟に青肉のキングメルティ88株で約350玉、赤肉のルピアレッド46株で約140玉を作った。

 これまで天候に恵まれ、7月になり成熟したメロンから順次、農協からホクレン経由で札幌に出荷を始めている。

 浦河町内でのメロン栽培は、20年ほど前に緑町の堀之内農園の先代が趣味を兼ねて作っていたことがある。この時は市場や個人的な販路で「農協を通した販売ではなかった」(堀之内農園)という。

 鳥井さんはメロンの栽培は難しいと聞いていたため、これまでも何かと助言を受けている胆振管内豊浦町の農業普及員の指導を受けながら始めている。

 栽培に特別なことはしていないと言うが、不要な枝を取り除き、果実に栄養を集中させる整枝作業は「なかなか難しい」と話す。出荷したメロンは「網のつきかたはもう一つだが糖度は高い」と話し、冬レタスとメロン栽培は今後も精力的に取り組む考えだ。

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス