北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

七飯を「ビーツの町」に 大渡さんの農園で生産開始【七飯】

農地にビーツの種をまく大渡さん(左から3人目)ら(4日)

 【七飯】町上藤城の農業、大渡千賀子さんが運営する農園「nk2ファーム」で、ビーツの生産が本格始動した。ビーツの専門農園は道南では初めてで、「七飯が“ビーツの町”と呼ばれるくらい、食卓になじみのある野菜として育ってほしい」と大渡さん。日本で初めて西洋農業が花開いた七飯に、新しい風を吹かせている。

 ビーツはカブのような見た目だが、ホウレンソウの仲間。豊富な鉄分やビタミンのほか、他の作物にはあまりない「ラフィノース」と呼ばれる基礎代謝アップや高血圧予防に効果的なオリゴ糖も含んでおり、「食べる輸血」とも呼ばれる。

 大渡さんは2016年に野菜ソムリエの資格を取得。農家の父、野沢秀悦さんが以前使っていた峠下の農地で「赤い色は食欲がわく」と赤色の水菜やトマトなどの野菜を育ててきた。ビーツは、友人の勧めから試しに生産。栄養の豊富さや幅広い料理に使えることにほれ込んだ。

 5月には、約40アールある農地の半分ほどに種をまいた。種まきから約3カ月後、約300グラムの重さになると収穫期。赤い実の「デトロイト」、黄色の「ルナ」、赤と白のマーブル模様がユニークな「キオッジャ」の3種を生産する。

 大渡さんは、ビーツの生産とB型就労支援雇用を結び付けた事業「ビーツ倶楽部」も展開。今月4日には、町本町の「道南福祉ねっと」と共同で種まきが始まった。野沢さんや、大渡さんのビーツを使った「宇宙一キムチ」を10月に販売する函館在住の韓国人調理師、金鉄洙(キムチャルス)さんも参加した。

 5月にまいた分のビーツの糖度を計ったところ、スイカとほぼ同等の甘さだったという。大渡さんは「きんぴらやジャム、アイスクリームなどアレンジの幅が広い」と話し、金さんも「食べていくうちに絶妙な甘さに夢中になる。食感もいいので、キムチにもピッタリ」と太鼓判を押す。今後は、大中山地区にある30アールほどの農地を整備して生産地拡大を図るほか、越冬させた「よく寝かせたビーツ」の生産も試みる。

関連記事

函館新聞

ヨハネ教会で聖堂コンサート 男声合唱団出演【函館】

 函館聖ヨハネ教会(藤井八郎司祭)の聖堂コンサートが20日、同教会で開かれた。函館男声合唱団が出演し、親しみのある楽曲から宗教曲、函館の歌まで11曲を演奏した。  今年度3回目のコンサートで...

函館新聞

ラグビー人気 函館のスクールにも【函館】

 開催中のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表の躍進効果で、函館ラグビースクールでは、ラグビーをやってみたいという子どもが増えている。  同スクールは1970年設立。一年制で毎年...

釧路新聞

釧路町議選投開票

 任期満了に伴う釧路町議選(定数16)は20日、投開票が行われ、倉井俊勝氏(66)=自民=がトップで8選を果たした。新人は大谷哲也氏(67)=公明=、中家治子氏(65)=共産=、鈴木麻由子氏(47...

十勝毎日新聞

運動して牛乳 健康の秋満喫 「みるウオーク」【音更】

 運動後に十勝産牛乳を飲んで、健康づくりを図るイベント「みるウオーク」(十勝あるくミルクプロジェクト実行委主催)が20日、音更町で催された。秋晴れの下、親子ら約200人がゴール目指して歩き、爽...

十勝毎日新聞

ハクチョウ冬を伝えに【幕別】

 十勝地方は20日、高気圧に覆われて晴れ、暖かな朝を迎えた。帯広の朝の最低気温は平年より5.2度高い9度だった。  幕別町依田の畑ではこの日朝、「冬の使者」とも言われるハクチョウが飛来し、羽...