北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

七飯を「ビーツの町」に 大渡さんの農園で生産開始【七飯】

農地にビーツの種をまく大渡さん(左から3人目)ら(4日)

 【七飯】町上藤城の農業、大渡千賀子さんが運営する農園「nk2ファーム」で、ビーツの生産が本格始動した。ビーツの専門農園は道南では初めてで、「七飯が“ビーツの町”と呼ばれるくらい、食卓になじみのある野菜として育ってほしい」と大渡さん。日本で初めて西洋農業が花開いた七飯に、新しい風を吹かせている。

 ビーツはカブのような見た目だが、ホウレンソウの仲間。豊富な鉄分やビタミンのほか、他の作物にはあまりない「ラフィノース」と呼ばれる基礎代謝アップや高血圧予防に効果的なオリゴ糖も含んでおり、「食べる輸血」とも呼ばれる。

 大渡さんは2016年に野菜ソムリエの資格を取得。農家の父、野沢秀悦さんが以前使っていた峠下の農地で「赤い色は食欲がわく」と赤色の水菜やトマトなどの野菜を育ててきた。ビーツは、友人の勧めから試しに生産。栄養の豊富さや幅広い料理に使えることにほれ込んだ。

 5月には、約40アールある農地の半分ほどに種をまいた。種まきから約3カ月後、約300グラムの重さになると収穫期。赤い実の「デトロイト」、黄色の「ルナ」、赤と白のマーブル模様がユニークな「キオッジャ」の3種を生産する。

 大渡さんは、ビーツの生産とB型就労支援雇用を結び付けた事業「ビーツ倶楽部」も展開。今月4日には、町本町の「道南福祉ねっと」と共同で種まきが始まった。野沢さんや、大渡さんのビーツを使った「宇宙一キムチ」を10月に販売する函館在住の韓国人調理師、金鉄洙(キムチャルス)さんも参加した。

 5月にまいた分のビーツの糖度を計ったところ、スイカとほぼ同等の甘さだったという。大渡さんは「きんぴらやジャム、アイスクリームなどアレンジの幅が広い」と話し、金さんも「食べていくうちに絶妙な甘さに夢中になる。食感もいいので、キムチにもピッタリ」と太鼓判を押す。今後は、大中山地区にある30アールほどの農地を整備して生産地拡大を図るほか、越冬させた「よく寝かせたビーツ」の生産も試みる。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...