北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

絆の航跡―宮古から室蘭見つめて(2)【室蘭・宮古】

「室蘭の皆さんと本当の『家族』にならなければ」と笑顔を見せる赤沼会長

宮古市町内自治会連合会・赤沼利彦会長

防災の取り組み転機、災害への備え 情報共有大切

 「フェリーでつながった室蘭の皆さんと本当の『家族』にならなければいけない」

 宮古市町内自治会連合会の赤沼利彦会長(72)は、宮蘭フェリー就航前の2017年から続く関係強化に決意を新たにした。

 就航1周年は「始まりの場所」の宮古港フェリーターミナルで喜びを味わった。「ようこそみやこへ」の横断幕を自治会関係者とともに持ち、下船者を出迎えた。

 宮古側は岩手県初、室蘭側は過去の民間交流の失敗から、双方の思いを深める取り組みを進めている。「宮古と室蘭の縁は深い。室蘭は4度訪れており、訪問時にはおいしい野菜と市民の人柄がとても印象に残りました」。感慨深く語った。

 ターニングポイントとなったのは宮古で注目が高まる「防災」の取り組みだ。16年8月の台風10号、18年9月の胆振東部地震時には室蘭市町内会連合会との相互連絡を取り合った。「曲折があるからこそ関係は強固になる」。

 防災の最前線として消防団で活躍した経験から、消防庁のアドバイザー、岩手県地域防災サポーターとして活躍する。室蘭での防災講演時には経験を存分に生かした。「災害の備えは情報。宮古と室蘭の両市民がその内容を共有することが大切」と強調する。

 17年6月に住民主体の地域自治組織の中に「室蘭交流合同連絡会」を設立した。宮古市担当者の機転もあり、室蘭訪問がかなった。関係者の温かい拍手で迎えられる中、東日本大震災の被災状況などを伝えた。夜には「懇親会」で地酒の杯を傾けて笑顔を広げた。

 「この情熱を絶やさないように」との気持ちは強い。18年11月に室蘭市町内会連合会の関係者が宮古を訪れた。最終日にはフェリーターミナルで「ありがとう」の横断幕を掲げ「お互いの姿が見えなくなるまで」手を振り、見送った。

 「震災の生の情報を伝えることができた。人の縁というものはとても不思議。室蘭市町連の沼田俊治会長とは同じ『沼』の共通点でつながっており、個人的に親近感を持っています」。柔和な笑顔を見せた。

 宮蘭の「民間交流」は道半ば。フェリーよりも1年早く2地域はコミュニティー形成に取り組んできた。住民の自治組織がスクラムを組むことで、多くの相乗効果が生まれると自負する。

 「物理的な距離は関係ない。約333キロ(宮古―室蘭間)なんてすぐそばですよ」

(2019年6月26日掲載)

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス