北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アイヌ文化を体験 仙台市の片平丁小児童ら交流-白老

白老町のコロポックルでのアイヌ文化体験で、民族衣装を着る片平丁小の児童=10日

 仙台市の片平丁小学校の児童や教員、保護者らの訪問団8人が10日から12日にかけて白老町に滞在し、姉妹校を結ぶ白老小児童との交流やアイヌ文化の体験を楽しんだ。

 片平丁小と白老小は毎年交互に訪問団を派遣し、交流を深めている。今回は片平丁小6年の小野寺優花さん(12)と會田将太郎君(11)、5年生の高橋晶さん(11)と藤原桜介君(11)の児童4人のほか、引率の佐藤哲郎校長やPTA関係者ら4人の訪問団が白老町に訪れた。

 初日の10日は白老町役場を表敬訪問。戸田安彦町長は児童らに「白老で良い思い出をつくってください」と語り掛け、記念品をプレゼント。児童らは「白老でのいろんな体験が楽しみ」「いつか白老に来たいと思っていた。とてもわくわくしている」と声を弾ませた。その後、一行は町内のアイヌ文化体験施設コロポックルを訪れ、アイヌの民族衣装を着たり、伝統楽器ムックリ作りを体験したりした。

 白老民俗芸能保存会の倉部テル子さん(72)から民族衣装を着させてもらった小野寺さんは「デザインがすごくかわいい。アイヌ文様も面白い」と笑顔を見せた。

 翌日の11日、児童らはホームステイ先から白老小へ登校。校内を見学した後、全校歓迎集会に参加し、姉妹校の子ども同士の絆を深め合った。

 同日夜もホームステイを楽しみ、翌日の12日に白老小でのお別れ会に参加。再会を誓い合い、3日間の思い出を胸に刻んで新千歳空港から帰途に就いた。

 両校は1978年、白老小100周年事業の一環で姉妹校を締結し、相互交流を続けている。幕末、仙台藩が白老に北方警備の陣屋を築くなど、歴史的に関係の深い白老町と仙台市は81年に姉妹都市提携を結んでいる。

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス