北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ホッキ使ってビール開発 地元イベントで限定販売-春日町の炭火焼肉清山匠

ホッキビールをPRする板東社長

 苫小牧市春日町1の「炭火焼肉清山匠(せいざんしょう)」が、苫小牧産ホッキ貝のエキスを原料に用いたクラフトビール「ホッキビール」を開発した。香ばしさやほのかな酸味が特徴の黒ビールで、千葉県船橋市のプロフードが運営する船橋ビール醸造所に製造を委託。14~16日の樽前山神社例大祭と、8月24、25の両日、市内中心部で開かれる野外音楽フェスティバル「活性の火19」に出店し、限定販売する。日本地ビール協会(兵庫県)などによると、ホッキを使ったビールは全国初とみられる。

 同店は2017年10月、「苫小牧にない新しい店」をコンセプトにオープン。運営するティティエムコーポレーション(東京)の板東正時社長(39)は苫小牧生まれ、苫小牧南高校卒で故郷をPRできる商品開発を考えていたところ、昨年12月に同校出身の船橋ビール醸造所責任者松井純さん(42)と知り合い、意気投合した。

 同醸造所は、二枚貝のホンビノス貝を使用した地ビールを製造。併設されるバルで販売しており、松井さんの協力で今年1月、ホッキビールの試作品造りが始まった。板東社長は「ビール酵母が発酵しなかったり、貝の味が出すぎてしまうと生臭さが残るため、分量の調整に苦労した」と振り返る。試行錯誤の末、5月に完成し6月に生産を開始した。

 黒くなるまでローストした大麦を使って、上面発酵で醸造する「クラムスタウト」方式を採用。軽やかな味わいだがホッキのエキスが、独特な深みとコクを加える。

 アルコール度数は5%。価格は330ミリリットルの瓶入りで、600円(税込み)。板東社長は「クセのない飲みやすさや、喉越しを重視した」と語る。

 今後について、板東社長は「まずは催事で限定販売し、反応を見たい。将来的には苫小牧の名産品として定着し、観光客の目にも止まるようになれば」と期待する。

 日本地ビール協会によると、国内にコンブやホタテ、カキ、かつお節などを原料にしたビールは存在するが、ホッキを用いた事例は「記録にない」と言う。

 苫小牧酒販協同組合、苫小牧観光協会などは「地元産の食材を用いた地ビール自体、これまでも聞いたことがない」としており、行方が注目される。

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス