北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ホッキ使ってビール開発 地元イベントで限定販売-春日町の炭火焼肉清山匠

ホッキビールをPRする板東社長

 苫小牧市春日町1の「炭火焼肉清山匠(せいざんしょう)」が、苫小牧産ホッキ貝のエキスを原料に用いたクラフトビール「ホッキビール」を開発した。香ばしさやほのかな酸味が特徴の黒ビールで、千葉県船橋市のプロフードが運営する船橋ビール醸造所に製造を委託。14~16日の樽前山神社例大祭と、8月24、25の両日、市内中心部で開かれる野外音楽フェスティバル「活性の火19」に出店し、限定販売する。日本地ビール協会(兵庫県)などによると、ホッキを使ったビールは全国初とみられる。

 同店は2017年10月、「苫小牧にない新しい店」をコンセプトにオープン。運営するティティエムコーポレーション(東京)の板東正時社長(39)は苫小牧生まれ、苫小牧南高校卒で故郷をPRできる商品開発を考えていたところ、昨年12月に同校出身の船橋ビール醸造所責任者松井純さん(42)と知り合い、意気投合した。

 同醸造所は、二枚貝のホンビノス貝を使用した地ビールを製造。併設されるバルで販売しており、松井さんの協力で今年1月、ホッキビールの試作品造りが始まった。板東社長は「ビール酵母が発酵しなかったり、貝の味が出すぎてしまうと生臭さが残るため、分量の調整に苦労した」と振り返る。試行錯誤の末、5月に完成し6月に生産を開始した。

 黒くなるまでローストした大麦を使って、上面発酵で醸造する「クラムスタウト」方式を採用。軽やかな味わいだがホッキのエキスが、独特な深みとコクを加える。

 アルコール度数は5%。価格は330ミリリットルの瓶入りで、600円(税込み)。板東社長は「クセのない飲みやすさや、喉越しを重視した」と語る。

 今後について、板東社長は「まずは催事で限定販売し、反応を見たい。将来的には苫小牧の名産品として定着し、観光客の目にも止まるようになれば」と期待する。

 日本地ビール協会によると、国内にコンブやホタテ、カキ、かつお節などを原料にしたビールは存在するが、ホッキを用いた事例は「記録にない」と言う。

 苫小牧酒販協同組合、苫小牧観光協会などは「地元産の食材を用いた地ビール自体、これまでも聞いたことがない」としており、行方が注目される。

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...