北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

むかわ竜、全国でPR 地元小学生が東京へ出発-恐竜博2019、あす開幕

恐竜博に向けてむかわ町役場前で意欲を見せる小学生たち=12日午前

 貴重な実物化石や全身復元骨格を一堂に紹介する「恐竜博2019」が13日、国立科学博物館(東京)で開幕し、むかわ町穂別で発見された国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」(通称)が初めて町外に進出する。全国デビューに合わせて12日午前、地元から派遣される小学生の出発式が行われ、児童たちが笑顔で現地に旅立った。

 今回、恐竜博に派遣されるのは町内の鵡川中央、宮戸、穂別の3小学校に通う4~6年生の20人。出発セレモニーで同町教育委員会の長谷川孝雄教育長は「むかわ竜の姿をぜひ目に焼き付け、他の恐竜のことも勉強してきて」と児童たちを激励した。

 むかわ竜は全長およそ8メートルを超え、8割以上の全身骨格が見つかった国内で最も完全度の高い化石。最新の研究で新種の恐竜の可能性が高まっていることなどで注目されている。このほかにも1965年にモンゴルのゴビ砂漠で見つかり、謎の恐竜とされてきた「デイノケイルス」の頭骨など、実物化石と全身復元骨格が世界で初公開されるとあって、穂別小6年の池田晴輝君(12)は「楽しみだし、少し緊張もしている。今まで調べた恐竜以外に、外国からも来ている恐竜のことも調べてみたい」と意欲を見せていた。

 一行は同日午後に東京で行われる開会式に参加し、当日を迎える。

関連記事

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...