北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

むかわ竜、全国でPR 地元小学生が東京へ出発-恐竜博2019、あす開幕

恐竜博に向けてむかわ町役場前で意欲を見せる小学生たち=12日午前

 貴重な実物化石や全身復元骨格を一堂に紹介する「恐竜博2019」が13日、国立科学博物館(東京)で開幕し、むかわ町穂別で発見された国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」(通称)が初めて町外に進出する。全国デビューに合わせて12日午前、地元から派遣される小学生の出発式が行われ、児童たちが笑顔で現地に旅立った。

 今回、恐竜博に派遣されるのは町内の鵡川中央、宮戸、穂別の3小学校に通う4~6年生の20人。出発セレモニーで同町教育委員会の長谷川孝雄教育長は「むかわ竜の姿をぜひ目に焼き付け、他の恐竜のことも勉強してきて」と児童たちを激励した。

 むかわ竜は全長およそ8メートルを超え、8割以上の全身骨格が見つかった国内で最も完全度の高い化石。最新の研究で新種の恐竜の可能性が高まっていることなどで注目されている。このほかにも1965年にモンゴルのゴビ砂漠で見つかり、謎の恐竜とされてきた「デイノケイルス」の頭骨など、実物化石と全身復元骨格が世界で初公開されるとあって、穂別小6年の池田晴輝君(12)は「楽しみだし、少し緊張もしている。今まで調べた恐竜以外に、外国からも来ている恐竜のことも調べてみたい」と意欲を見せていた。

 一行は同日午後に東京で行われる開会式に参加し、当日を迎える。

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス