北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

むかわ竜、全国でPR 地元小学生が東京へ出発-恐竜博2019、あす開幕

恐竜博に向けてむかわ町役場前で意欲を見せる小学生たち=12日午前

 貴重な実物化石や全身復元骨格を一堂に紹介する「恐竜博2019」が13日、国立科学博物館(東京)で開幕し、むかわ町穂別で発見された国内最大の恐竜全身骨格化石「むかわ竜」(通称)が初めて町外に進出する。全国デビューに合わせて12日午前、地元から派遣される小学生の出発式が行われ、児童たちが笑顔で現地に旅立った。

 今回、恐竜博に派遣されるのは町内の鵡川中央、宮戸、穂別の3小学校に通う4~6年生の20人。出発セレモニーで同町教育委員会の長谷川孝雄教育長は「むかわ竜の姿をぜひ目に焼き付け、他の恐竜のことも勉強してきて」と児童たちを激励した。

 むかわ竜は全長およそ8メートルを超え、8割以上の全身骨格が見つかった国内で最も完全度の高い化石。最新の研究で新種の恐竜の可能性が高まっていることなどで注目されている。このほかにも1965年にモンゴルのゴビ砂漠で見つかり、謎の恐竜とされてきた「デイノケイルス」の頭骨など、実物化石と全身復元骨格が世界で初公開されるとあって、穂別小6年の池田晴輝君(12)は「楽しみだし、少し緊張もしている。今まで調べた恐竜以外に、外国からも来ている恐竜のことも調べてみたい」と意欲を見せていた。

 一行は同日午後に東京で行われる開会式に参加し、当日を迎える。

関連記事

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...

苫小牧民報

地面蹴り、後ろ向き快走 いす―1GP道大会に23チーム出場-千歳

 車輪付き事務用椅子に座って後ろ向きに進む耐久レース「いす―1GP北海道千歳大会2019」(同実行委員会、千歳ニューサンロード商店街振興組合主催)が21日、幸町のニューサンロード商店街前の市道で開...

苫小牧民報

インディアン水車を設置 夏の訪れ告げる風物詩-千歳川

 サケの遡上(そじょう)期を控え21日、千歳川左岸の日本海さけ・ます増殖事業協会=千歳市花園2=千歳事業所は構内と接続する千歳川に捕魚車の「インディアン水車」を設置した。22日から調査捕獲がスタ...