北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

令和に良き町づくり誓う【新ひだか】

白菊を献花し肉親の霊を慰める遺族たち

【新ひだか】町主催の「恒久平和祈願戦没者追悼式」が9日、町公民館で開かれ、静内、三石両地区の遺族や来賓らが参列し、戦争で犠牲になった先人の霊を慰め、恒久平和を誓った。

 式には静内地区20人、三石地区12人の遺族をはじめ、町議、自治会長、町社協、町老人クラブ連合会、三石連合自治会、町商工会、しずない農協、日高東部森林組合、町教委などから約80人が出席。尊い犠牲のもとに戦火に散った460柱に黙とうし、冥福を祈った。

 大野克之町長は式辞で、終戦から74年経った現在「私たちがあたり前のように享受している平和と繁栄、水と緑に包まれたこの自然豊かなふるさとは、戦争により命を落とされた方々の犠牲と遺族の方々の労苦の上に築かれたもの。戦争の悲惨さを身をもって体験された方々が年々少なくなっており、記憶を風化させずに後世に伝えていくことが私たちの責務である」とし、「新たな令和という元号の意に即した、穏やかで良き町づくりを進め、すべての町民が生きがいの持てる地域社会づくりを目指し、戦争の悲惨さと平和の尊さを深く心に刻み努力する」と誓った。

 続いて、鈴木直道知事(代読)、伊東良孝北海道連合遺族会理事長(代読)、福嶋尚人町議会議長が追悼の辞で、二度と戦争を起こさない決意と平和への思いを語った。

 この後、遺族ら出席者一人ひとりが戦没者追悼の標の前に白菊を献花。

 遺族を代表して静内地区遺族会の岡村弘副会長は「今なお、国難に殉じられた方々のことを想うと、空しさが甦ります。私たちは、戦没者遺族の体験を通して、誓って平和社会の構築、平和社会への貢献に努めなければならない遺族としての責任を感じます」とあいさつした。

関連記事

函館新聞

遺愛高英語科生徒がラデッシュとオオバ収穫、販売【函館】

 遺愛女子高校(福島基輝校長)の英語科3年生が「IAI×ファーミング」の取り組みで同校敷地内の畑で育てたハツカダイコン(ラデッシュ)とオオバを収穫した。野菜は校内で教職員向けに生徒9人が販売し、日...

函館新聞

中国SF「三体II」翻訳に参加 函館高専教授の泊さん【函館】

 異星人と人類の科学技術による闘争を描いた中国のSF小説「三体」シリーズの続編「三体II」(劉慈欣=りゅう・じきん=著、早川書房)の日本語版が発売された。同書の下巻では、函館高専教授の泊功さん(5...

十勝毎日新聞

北の屋台売上高2%増3.5億円 コロナかわす【帯広】

 北の起業広場協同組合(杉山輝子理事長)は、運営する帯広市内中心部の「北の屋台」(20店、現在は第7期)の2019年度運営状況をまとめた。売上高は前年度比2%増の約3億5300万円、来客数は横ばい...

十勝毎日新聞

ミルクバーアイス発売 よつ葉乳業【札幌】

 よつ葉乳業(札幌市)は3日、札幌市内で同社初のバータイプのアイスクリーム「よつ葉 至福のミルク」の発表会を行った。食感が異なる3層仕立てで高級感を演出。1日から発売している。  外側はパリ...

十勝毎日新聞

湯治客お出迎え ぬかびら源泉郷ルピナス【上士幌】

 上士幌町のぬかびら源泉郷で、ルピナスが空に向かって花茎を伸ばし、多くの花を付けている。「ノボリフジ」の別名がある色とりどりの姿で、訪れる人を楽しませている。  ぬかびら源泉郷地区の花として...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス