北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

令和に良き町づくり誓う【新ひだか】

白菊を献花し肉親の霊を慰める遺族たち

【新ひだか】町主催の「恒久平和祈願戦没者追悼式」が9日、町公民館で開かれ、静内、三石両地区の遺族や来賓らが参列し、戦争で犠牲になった先人の霊を慰め、恒久平和を誓った。

 式には静内地区20人、三石地区12人の遺族をはじめ、町議、自治会長、町社協、町老人クラブ連合会、三石連合自治会、町商工会、しずない農協、日高東部森林組合、町教委などから約80人が出席。尊い犠牲のもとに戦火に散った460柱に黙とうし、冥福を祈った。

 大野克之町長は式辞で、終戦から74年経った現在「私たちがあたり前のように享受している平和と繁栄、水と緑に包まれたこの自然豊かなふるさとは、戦争により命を落とされた方々の犠牲と遺族の方々の労苦の上に築かれたもの。戦争の悲惨さを身をもって体験された方々が年々少なくなっており、記憶を風化させずに後世に伝えていくことが私たちの責務である」とし、「新たな令和という元号の意に即した、穏やかで良き町づくりを進め、すべての町民が生きがいの持てる地域社会づくりを目指し、戦争の悲惨さと平和の尊さを深く心に刻み努力する」と誓った。

 続いて、鈴木直道知事(代読)、伊東良孝北海道連合遺族会理事長(代読)、福嶋尚人町議会議長が追悼の辞で、二度と戦争を起こさない決意と平和への思いを語った。

 この後、遺族ら出席者一人ひとりが戦没者追悼の標の前に白菊を献花。

 遺族を代表して静内地区遺族会の岡村弘副会長は「今なお、国難に殉じられた方々のことを想うと、空しさが甦ります。私たちは、戦没者遺族の体験を通して、誓って平和社会の構築、平和社会への貢献に努めなければならない遺族としての責任を感じます」とあいさつした。

関連記事

日高報知新聞

たてがみ切られる【浦河】

 浦河町西舎のうらかわ優駿ビレッジアエルで引退名馬としてけい養し、一般公開しているダービー馬のウイニングチケットのたてがみの一部が切り取られた。アエル乗馬課では「13日から14日朝までの間と思われ...

日高報知新聞

日高町の「タコロッケ」【日高】

【日高】6、7、8の3日間、札幌ドームで開かれた日本ハム応援大使企画「第10回なまらうまいっしょ!グランプリ」で、日高町商工会青年部(中口聖太部長)考案の新メニュー「タコロッケ」が見事グランプリ...

根室新聞

「クナシリ・メナシの戦い」無念の最期を遂げたアイヌ民族先祖を供養【根室】

 1789年(寛政元年)の「クナシリ・メナシの戦い」で、蜂起した首謀者として当時の松前藩によって処刑された37人のアイヌを供養するノツカマップ・イチャルパ(供養祭)が15日、市内牧の内のノツカ...

根室新聞

21、22日「さんま祭り」縮小開催 炭火焼きは例年どおり【根室】

 記録的な不漁が続く道東沖サンマ漁は、今週末(21、22日)に開かれる第27回根室さんま祭り(田家徹実行委員長)にも大きな影を落としている。一昨年の不漁時には「日本一の産地の心意気」(田家実行委員...

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある...