北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「何を食べてもおいしい」【新冠】

6年1組の教室で鳴海町長(右)と一緒にふるさと給食を味わう児童たち

【新冠】新冠小(坂本直司校長、児童235人)で10日、新冠産の食材や加工品を使った「ふるさと給食」が提供された。

 町内の3小中学校は自校式給食で、地元の食材による給食の提供で児童生徒に地場産品の良さや食に関心を持ってもらおうと、平成13年度から町教委の助成で毎年2回実施している。

 この日の献立は、ご飯(新冠産ななつぼし)、カラフルチンジャオロース(ピーマン、豚のもも肉)、夏野菜のナムル(ズッキーニ、アスパラ)、中華スープ(ハクサイ)、ホロシリ牛乳(鈴の鳴る道)、フルーツ杏仁で、調味料以外はほとんど新冠産の食材を使用した。

 学校には鳴海修司町長、山本政嗣教育長、荒木正光議会議長、武田修一町議、氏家良美町議、ホロシリ牛乳生産の石山翔さんらが訪れ、各学年の教室で児童と一緒に給食を試食した。

 このうち、鳴海町長は6年1組41人と給食を食べ、児童たちは町長との会話を楽しみながらご飯とチンジャオロースをおいしそうにほお張っていた。

山内蒼空さんは「夏野菜のナムルのアスパラがおしいかった」、田中太君は「何を食べてもおいしい。ご飯はおかわりして食べた」と笑顔で感想を話した。

 鳴海町長は「昨年から給食費の無償化をしている。町内の食材を使って、おいしく調理された給食をいっぱい食べて元気に育ってほしい」と話していた。

 9日には朝日小の児童33人に実施。17日に新冠中の生徒150人にも同様にふるさと給食が提供される。

関連記事

日高報知新聞

静内ぺてかり吟社が「郷土俳誌ぺてかり八百号記念合同句集」を発行

【新ひだか】静内ぺてかり吟社(桑島敏会長、会員14人)はこのほど、「郷土俳誌 ぺてかり八百号記念合同句集」(A5版117ページ)を発行した。  合同句集は、岩﨑久子さんの「日日花」、池畠湖山さんの...

日高報知新聞

バス転換でJRと協議 7カ月ぶりの臨時町長会議

【新ひだか】日高管内臨時町長会議が4日、町公民館で開かれ、日高町村会が昨年11月に決めた運休が続くJR日高線鵡川―様似区間(116キロ)のバス転換の方針を受け、JR北海道が提示したバス転換への支援とな...

苫小牧民報

支笏湖チップの弁当3種発売 千歳・丸駒温泉旅館

 千歳市幌美内の丸駒温泉旅館は、支笏湖チップ(ヒメマス)漁の1日解禁を受け、支笏湖チップを使った「丸駒チップめし」「丸駒チップ押し寿司」「丸駒チップ天寿司」の弁当3種を6日から発売する。佐々木義...

苫小牧民報

JR北海道、日高線バス転換で25億円支援案 7町に提示、検討へ

 JR北海道が廃止、バス転換方針を打ち出しているJR日高線鵡川―様似間(116キロ)について、同社は4日、日高管内7町(日高町、平取町、新冠町、新ひだか町、浦河町、様似町、えりも町)に対し、バス転...

釧路新聞

道東の雑貨、特産品豊富に【釧路町】

   別保公園内の町地産地消センター「ロ・バザール」は5日、物販コーナーを「lobano―ichi(ロバの市)」と名付け、リニューアルオープンする。  町の特産品など観光客や地元向けの品ぞろえに加え...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス