北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「何を食べてもおいしい」【新冠】

6年1組の教室で鳴海町長(右)と一緒にふるさと給食を味わう児童たち

【新冠】新冠小(坂本直司校長、児童235人)で10日、新冠産の食材や加工品を使った「ふるさと給食」が提供された。

 町内の3小中学校は自校式給食で、地元の食材による給食の提供で児童生徒に地場産品の良さや食に関心を持ってもらおうと、平成13年度から町教委の助成で毎年2回実施している。

 この日の献立は、ご飯(新冠産ななつぼし)、カラフルチンジャオロース(ピーマン、豚のもも肉)、夏野菜のナムル(ズッキーニ、アスパラ)、中華スープ(ハクサイ)、ホロシリ牛乳(鈴の鳴る道)、フルーツ杏仁で、調味料以外はほとんど新冠産の食材を使用した。

 学校には鳴海修司町長、山本政嗣教育長、荒木正光議会議長、武田修一町議、氏家良美町議、ホロシリ牛乳生産の石山翔さんらが訪れ、各学年の教室で児童と一緒に給食を試食した。

 このうち、鳴海町長は6年1組41人と給食を食べ、児童たちは町長との会話を楽しみながらご飯とチンジャオロースをおいしそうにほお張っていた。

山内蒼空さんは「夏野菜のナムルのアスパラがおしいかった」、田中太君は「何を食べてもおいしい。ご飯はおかわりして食べた」と笑顔で感想を話した。

 鳴海町長は「昨年から給食費の無償化をしている。町内の食材を使って、おいしく調理された給食をいっぱい食べて元気に育ってほしい」と話していた。

 9日には朝日小の児童33人に実施。17日に新冠中の生徒150人にも同様にふるさと給食が提供される。

関連記事

根室新聞

北方墓参 択捉島から戻る 上陸慰霊1カ所のみ【根室】

 北方領土に眠る元島民の霊を慰める北方墓参の今年度第2班が20日、択捉島での墓参を終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港へ戻った。上陸予定の4カ所のうち内保とウエンバフコツ...

根室新聞

「旧中一・二会」物故級友の冥福祈る【根室】

 戦時中の昭和17年に道庁立根室商業学校に入学し、在学中に改組された旧制根室中学校を、戦後2年に分かれて卒業した市内在住の同期生たちが20日、清隆寺に集い、物故者の追悼法要を行った。戦時下の勤労奉...

日高報知新聞

全国大会出場を報告【新ひだか】

【新ひだか】全国大会の出場権を獲得した静内高校(加澤雅裕校長、生徒511人)の陸上部、書道部、馬術部の生徒3人が19日、役場静内庁舎に大野克之町長を表敬訪問し、大会での健闘を誓った。  この日...

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建...

苫小牧民報

鉄道ファン感激 キハ183系内部を公開-安平・道の駅「あびらD51ステー..

 安平町追分地区の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」に保存している北海道仕様の特急車両「キハ183系」の一般内部公開が20日から始まった。初日は町内外から家族連れや鉄道ファンらが訪れ...