北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島墓参などの草刈り 移動路確保へ予算要求 宮腰北方相【根室】

 宮腰光寛内閣府特命担当相(沖縄及び北方対策)は11日、北方墓参や自由訪問で目的地への道を確保する作業員派遣のための予算を、来年度の概算要求に加える意向を示した。千島歯舞諸島居住者連盟(脇紀美夫理事長)の要望に応じたもので、墓参等では背丈ほどの雑草を刈りながら墓地へと進まなければならない場所が多く、高齢化した元島民の負担軽減策として、根室港視察後に報道陣の質問に答えた。

 北方墓参は道、自由訪問は千島連盟がそれぞれ実施主体となり、元島民がふるさとの墓地や居住地跡を訪ねる四島渡航事業。実施が5月から9月と草木の生い茂る時期に重なるため、島上陸後に墓地や居住地跡までの道のりを雑草が阻み、団員らが草刈り機等を持ち込んで整備してからお参りしているのが現状だ。

 宮腰担当相はこの課題について「高齢になった元島民の皆さんが出来る限り負担なく上陸できるよう、移動路確保のための作業人員が同行する予算を来年度新たに要求したい」としたほか、四島で墓や居住地跡の場所を孫世代に伝えたいとの要望もあり、「元島民の孫(3世)の墓参、自由訪問への参加について外交交渉で実現を目指したい」との考えを示した。

 また、北方領土現地視察をプログラムに含む修学旅行の補助枠についても「成果が上がってきている。予算を増額してしっかりやっていきたい」と意欲を示した。

 この日は四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)と同船の専用ふ頭候補地となる根室港を視察し、根室港区南地区整備について「四島交流は28年も続くのにターミナル一つなく、共同経済活動で人と物の移動が必須になることを見据えても、日本の本気度が疑われるのでは。道開発局の皆さんには整備を進めてもらいたい」と述べた。

 宮腰担当相は北方領土隣接地域の管内5市町で千島連盟各支部や地元関係者と意見交換するため、9日から11日にかけて管内入り。10日には千島連盟、11日には根室市関係者とそれぞれ意見交換した。宮腰担当相の根室視察は45回目。

「えとぴりか」の視察後、報道陣の質問に答える宮腰担当相

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」21日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を21日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

苫小牧民報

「漁師の塩サイダー」販売中 むかわ町観光協会吉村燻製工房とコラボ

むかわ町観光協会は、町内の水産加工会社「吉村燻製工房」で作る塩を原材料にして製造した炭酸飲料「漁師の塩サイダー」を開発し、年明けから町内で売り出した。両者がコラボレーションし、商品開発するのは初め...

苫小牧民報

湖面に咲く氷の結晶、ウトナイ湖にフロストフラワー

苫小牧市植苗のウトナイ湖で凍り付いた湖面に「フロストフラワー」が咲いている。冷え込みの厳しい早朝に現れることが多く、その名の通り”霜の花”が点在する幻想的な光景が広がっている。  定期的に観察し...

苫小牧民報

中心部への移動便利に 苫小牧中央IC開通から1カ月

道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で...

室蘭民報

「自動受付機」導入、免許更新手続きスムーズに 室蘭警察署【室蘭】

 室蘭警察署(菊池和幸署長)は4日から自動車運転免許証の更新受け付けやICチップの記録内容などを確認できる「自動受付機」を導入した。利用者の更新受付時の待ち時間短縮や手続きの簡易化などが期待され...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス