北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島墓参などの草刈り 移動路確保へ予算要求 宮腰北方相【根室】

 宮腰光寛内閣府特命担当相(沖縄及び北方対策)は11日、北方墓参や自由訪問で目的地への道を確保する作業員派遣のための予算を、来年度の概算要求に加える意向を示した。千島歯舞諸島居住者連盟(脇紀美夫理事長)の要望に応じたもので、墓参等では背丈ほどの雑草を刈りながら墓地へと進まなければならない場所が多く、高齢化した元島民の負担軽減策として、根室港視察後に報道陣の質問に答えた。

 北方墓参は道、自由訪問は千島連盟がそれぞれ実施主体となり、元島民がふるさとの墓地や居住地跡を訪ねる四島渡航事業。実施が5月から9月と草木の生い茂る時期に重なるため、島上陸後に墓地や居住地跡までの道のりを雑草が阻み、団員らが草刈り機等を持ち込んで整備してからお参りしているのが現状だ。

 宮腰担当相はこの課題について「高齢になった元島民の皆さんが出来る限り負担なく上陸できるよう、移動路確保のための作業人員が同行する予算を来年度新たに要求したい」としたほか、四島で墓や居住地跡の場所を孫世代に伝えたいとの要望もあり、「元島民の孫(3世)の墓参、自由訪問への参加について外交交渉で実現を目指したい」との考えを示した。

 また、北方領土現地視察をプログラムに含む修学旅行の補助枠についても「成果が上がってきている。予算を増額してしっかりやっていきたい」と意欲を示した。

 この日は四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)と同船の専用ふ頭候補地となる根室港を視察し、根室港区南地区整備について「四島交流は28年も続くのにターミナル一つなく、共同経済活動で人と物の移動が必須になることを見据えても、日本の本気度が疑われるのでは。道開発局の皆さんには整備を進めてもらいたい」と述べた。

 宮腰担当相は北方領土隣接地域の管内5市町で千島連盟各支部や地元関係者と意見交換するため、9日から11日にかけて管内入り。10日には千島連盟、11日には根室市関係者とそれぞれ意見交換した。宮腰担当相の根室視察は45回目。

「えとぴりか」の視察後、報道陣の質問に答える宮腰担当相

関連記事

函館新聞

シーニックdeナイトのキャンドル製作体験会【函館】

 手作りキャンドルの明かりで街を彩る「シーニックdeナイト2020」(実行委主催)が2月1日から始まるのを前に18日、五稜郭タワーアトリウムでワックスキャンドルの製作体験会が開かれた。親子連れや...

函館新聞

春の彩り、JALカウンターに琉球寒緋桜お目見え【函館】

 函館空港の日本航空(JAL)チェックインカウンターに、今年も沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」がお目見えした。同社函館支店は「日本一早い春の便りを楽し...

十勝毎日新聞

「パン甲子園」2年連続グランプリ報告 清水高 鈴木知事も絶賛【札幌】

 昨年10月の「パン甲子園2019」(実行委主催)で2年連続グランプリに輝いた清水高校の3人が17日、鈴木直道知事を表敬訪問した。共に3年の山田晧太さん、藤田成之介さん、曽根拓馬さんらが鈴木知...

十勝毎日新聞

障害者アート 大型絵本に ポプケ利用者協力【帯広】

 帯広大谷短大の学生たちは17日、帯広市内の地域活動拠点popke(ポプケ、西21南2)で同施設の利用者らと共に、アールブリュット作品を使った大型絵本の表紙作りに取り組んだ。絵本は同短大で2月に初...

十勝毎日新聞

坂本直行の風景画 未公開作品を展示【幕別】

 幕別町内のカフェ「シェモア」(札内新北町40、舟越智子代表)で、十勝ゆかりの画家坂本直行の作品展が開かれている。未公開とされる道東の風景11点が店内に花を添えている。2月末まで。  管内在...