北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

四島墓参などの草刈り 移動路確保へ予算要求 宮腰北方相【根室】

 宮腰光寛内閣府特命担当相(沖縄及び北方対策)は11日、北方墓参や自由訪問で目的地への道を確保する作業員派遣のための予算を、来年度の概算要求に加える意向を示した。千島歯舞諸島居住者連盟(脇紀美夫理事長)の要望に応じたもので、墓参等では背丈ほどの雑草を刈りながら墓地へと進まなければならない場所が多く、高齢化した元島民の負担軽減策として、根室港視察後に報道陣の質問に答えた。

 北方墓参は道、自由訪問は千島連盟がそれぞれ実施主体となり、元島民がふるさとの墓地や居住地跡を訪ねる四島渡航事業。実施が5月から9月と草木の生い茂る時期に重なるため、島上陸後に墓地や居住地跡までの道のりを雑草が阻み、団員らが草刈り機等を持ち込んで整備してからお参りしているのが現状だ。

 宮腰担当相はこの課題について「高齢になった元島民の皆さんが出来る限り負担なく上陸できるよう、移動路確保のための作業人員が同行する予算を来年度新たに要求したい」としたほか、四島で墓や居住地跡の場所を孫世代に伝えたいとの要望もあり、「元島民の孫(3世)の墓参、自由訪問への参加について外交交渉で実現を目指したい」との考えを示した。

 また、北方領土現地視察をプログラムに含む修学旅行の補助枠についても「成果が上がってきている。予算を増額してしっかりやっていきたい」と意欲を示した。

 この日は四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)と同船の専用ふ頭候補地となる根室港を視察し、根室港区南地区整備について「四島交流は28年も続くのにターミナル一つなく、共同経済活動で人と物の移動が必須になることを見据えても、日本の本気度が疑われるのでは。道開発局の皆さんには整備を進めてもらいたい」と述べた。

 宮腰担当相は北方領土隣接地域の管内5市町で千島連盟各支部や地元関係者と意見交換するため、9日から11日にかけて管内入り。10日には千島連盟、11日には根室市関係者とそれぞれ意見交換した。宮腰担当相の根室視察は45回目。

「えとぴりか」の視察後、報道陣の質問に答える宮腰担当相

関連記事

苫小牧民報

旧駅や鶴丸、ホテル忠実に昔の街並み模型制作中 苫小牧出身・日大教授の青木..

 苫小牧市出身で、日本大学芸術学部文芸学科教授の青木敬士(けいし)さん(49)=東京都在住=が、1975年ごろの苫小牧市の街並みを150分の1に縮小した立体模型の制作を進めている。板材の上に鉄道...

苫小牧民報

三光横断歩道橋にネーミングライツ 苫小牧市、新たな財源確保へ

 苫小牧市は新たな財源確保策として、三光町と双葉町に架かる「三光横断歩道橋」をネーミングライツ(命名権)の対象に加えた。スポンサー企業が施設に名前を付けて宣伝できる代わりに、市は使用料を徴収する...

十勝毎日新聞

JA取扱高3500億円超へ【十勝】

 十勝管内の24JAが取り扱う2019年産農畜産物の総額が過去最高を更新し、3500億円台も視野に入っていることが、関係者への取材でわかった。生乳生産など酪農・畜産は堅調に推移、畑作も小麦を中心に...

十勝毎日新聞

ばん馬の表情豊かに 小久保さんカレンダー発売【帯広】

 帯広のフリーカメラマン小久保巌義(みちよし)さん(44)が、ばんえい競馬をテーマにした2020年版カレンダー「愛されて」を発表した。ばん馬のさまざまな表情を収め「ばん馬特有の優しい表情と、レー...

十勝毎日新聞

全国から多彩なサンタ 手作り作品公募展【広尾】

 サンタクロースやクリスマスにちなんだ手作り作品を全国から募集し展示する「サンタクロース展」が4日から、ひろおサンタランド(大丸山森林公園内)の「サンタの家」で開かれている。  地元商工業者ら...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス