北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

最新農業に注目 管内畑、牧場で分科会 同友会【十勝】

 道中小企業家同友会の全道農業関連部会交流会は12日午後、管内の畑や牧場で分科会を開いた。「畑作の協同経営」「企業連携」など九つのテーマに分かれ、十勝で展開されているスマート農業や先進的な衛生管理の取り組みに触れた。

三浦農場でロボットトラクターの活用方法を学ぶ参加者

 三浦農場(音更町)では、ロボットトラクターの活用方法を視察。代表の三浦尚史さんは、無人で走るロボットと有人トラクターの2台を協調させる手法を紹介した。先行するロボットが整地を、後続の有人機が播種(はしゅ)を行う仕組み。三浦さんは「1人で二つの作業を同時にでき、効率化される。今後の畑作のパートナーになっていくシステム」と語った。

 大野ファーム(芽室町)では、GAPやHACCAPなど食品安全認証がテーマの分科会が開かれた。帯広畜産大学産学連携センターの渡辺信吾特任教授は、各認証制度について長所と短所を説明。「導入の目的は何か、大事なことは何かを見極める必要がある」とアドバイスした。

 大野ファームや前田農産食品(本別)などが導入事例を紹介。ISO22000の認証を受けている北広牧場(新得)の若杉真吾さんは「社員の数が増えても、きちんとマネジメントできている」と成果を語った。

 分科会に続いて帯広市内のホテル日航ノースランド帯広で交流会を開催。十勝の腕自慢の農家が作ったジャガイモや牛肉、牛乳を食べ飲み比べる企画などで盛り上がった。

 実行委員長の前田茂雄さん(前田農産食品社長)は交流会について、「参加者から『現状を改善したい』『新たに何か生まれそうな感覚がある』などの声を聞けた。人とつながることの重要性を感じてもらえた」と述べていた。

関連記事

苫小牧民報

白老でヒグマ出没相次ぐ 社台地区に箱わな設置、農業被害拡大防止へ

 胆振日高管内の官民連携組織「北海道新幹線×nittan(日胆)地域戦略会議」(会長・岩倉博文苫小牧市長)が、来年4月24日に白老町で開設するアイヌ文化の復興拠点「民族共生象徴空間」(愛称・ウポポ...

苫小牧民報

新鮮野菜、首都圏へ空輸 JALと農総研が実証実験-新千歳

 日本航空(JAL)と農産物流通業の農業総合研究所(農総研、和歌山市)は21日、実証実験として新千歳空港の集荷場から北海道産農産物を東京へ初出荷した。道内で朝に収穫した野菜をその日の昼ごろに羽田...

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...