北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ビザなし交流 四島から日本語習得に19人受け入れ【根室】

市民の歓迎を受けて下船する団員ら

 ビザなし交流で日本語習得を目的とした四島在住ロシア人19人が16日、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に到着した。一行は8月13日まで札幌市に滞在して日本語を学び、15日に島へ戻る。

 一行は国後島古釜布に暮らす地方公務員のガリーナ・モストフシコヴァさんを団長に、国後8人、色丹5人、択捉6人の計19人。北方四島交流北海道推進委員会が実施主体となって受け入れ、18日から札幌市の日本語学校(IAY)へ通う。

 約1カ月の滞在中、平日は日本語を学び、土曜日は小樽商科大学の視察や文化体験、札幌市民との交流で相互理解を深めるほか、8月10日には北方四島交流スピーチコンテストに参加する。13日には市内に戻り、14日に根室高校生や市民と交流する。

 参加するのは3回目だという択捉島のエカチェリーナ・ジェメンコさん(20)は、「少しずつ覚えてきた。今年も効果的に日本語を学びたい」と意欲を示していた。

関連記事

苫小牧民報

まちのシンボル住民票に 雪だるまデザイン無料交付31日まで-安平

 安平町は11日から、町のシンボル「雪だるま」の特別住民票の無料交付をスタートした。今年は、雪だるまが夏のアクティビティーでもあるキャンプを楽しむというユニークなデザインとなっている。交付期間は...

苫小牧民報

道9区次期衆院選候補に松橋氏 共産苫小牧地区委

 共産党苫小牧地区委員会は11日、次期衆院選道9区(胆振、日高管内)に、党北海道委員会委員の松橋千春氏(38)を党公認候補として擁立すると発表した。  松橋氏は同日、苫小牧市見山町の同委員会事...

苫小牧民報

ウポポイ開業1カ月。来場3万5000人 博物館4割見学せず、入館制限の影..

 国がアイヌ文化の復興と発信の拠点として白老町のポロト湖畔に整備した民族共生象徴空間(ウポポイ)は、12日で開業1カ月を迎えた。アイヌ民族をテーマにした初の国立博物館を中核とした施設の来場者は、...

日高報知新聞

浦河30・3度 14年ぶりの真夏日

 全国的に酷暑となった11日、日高地方も暖かく湿った空気が入り込み、気温が上昇した。浦河(潮見町)で午前中に30・3度を記録し、14年ぶりに30度以上の真夏日になり、観測史上2番目に暑い日となった。  1...

日高報知新聞

JBC日高ブレイヴ【新ひだか】

【新ひだか】第43回三石スポーツ少年団野球選手権大会兼2020FBC・U12日高支部予選大会は8、9の両日、三石緑ヶ丘公園球場で行われ、JBC日高ブレイヴ(日高町)が4年ぶり2回目の優勝を飾った。 ...