北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

色丹島で発見 繰り返し津波の痕跡か=専門家訪問団【根室】

色丹島で調査を行う専門家ら=訪問団提供

 色丹島で調査を行っていた地震津波専門家交流の訪問団が15日、根室港に戻った。帰港後の記者会見では、30地点で詳しい地層の観察作業を行い、巨大地震の痕跡とみられる津波堆積物候補を確認したことを報告した。

 地震津波専門家交流では平成27年から30年まで、ロシア側研究者と共同で国後島の津波堆積物調査を実施してきた。日本側が参加した色丹島での本格的な津波堆積物調査は、今回が初めてとなった。

 調査は色丹島の地震・津波履歴の解明のため、調査適地を選定し、津波堆積物や年代を推定するための火山灰の分布の把握、それらのデータをもとにした十勝~根室、国後島の津波堆積物との対比、平成6年北海道東方沖地震による津波堆積物の有無の確認を目的に行われた。

 日本側からは北海道大学西村裕一准教授を団長に、新潟大学の高清水康博准教授、ふじのくに地球環境史ミュージアムの菅原大助教授、北海道大学の石澤尭史非常勤研究員の4人のほか、ロシア側から色丹島地球物理観測所のアレキサンダー・シーシキンさんが参加した。

 一行は5日に根室を出発。6日に色丹島へ上陸して、ホロベツ、穴澗、マタコタン、チボイ、イネモシリの5地域で調査を実施し、15日に根室港に帰港した。

 帰港後に千島会館で行われた記者会見には地震火山専門家4人が参加した。会見では5地域の30地点で詳しい地層の観察作業を行い、試料79個を採取。6日、10日、11日、13日の4日間にわたり重点的に調査したイネモシリでは、幅100メートル、長さ600メートルの緩やかな斜面に発達した湿原で、最大6層の津波堆積物候補と、最大4層の火山灰を内陸約530メートルまで確認したことが報告された。

 また、7日と12日に調査を行ったホロベツのホロベツ川沿いの谷では、海岸から約350メートル付近まで分布する津波堆積物候補を1層、最大3層の火山灰を確認した。今年度の調査地では、東方沖地震による津波堆積物は確認されなかった。

 西村団長は今後につて、「色丹島での調査を継続したい」と話し、課題として、今年度の調査地点や未調査の色丹島の西半分の津波堆積物と火山灰の分布の把握、国後島と色丹島から採取したサンプルを分析し、十勝~根室、国後島、色丹島の津波堆積物の対比を行い、得られた知見を千島海溝沿いで発生する巨大地震の長期予測のための基礎資料として提供するほか、国後島と色丹島の住民を対象とした地震津波に関する防災集会の開催を挙げた。

関連記事

日高報知新聞

荻伏中に36冊の本寄贈【浦河】

 公益財団法人日本教育公務員弘済会北海道支部=教弘北海道=から浦河町の荻伏中にブックパック(本のセット)の寄贈があり、この贈呈式が19日、同校で行われた。  道内教育の振興や充実と教職員の福祉...

日高報知新聞

道内初 脳ドック料金を割引【新ひだか】

【新ひだか】近年、高齢者の運転による重大事故が相次いでいることから、静内警察署(久田悟署長)と医療法人徳洲会日高徳洲会病院(井斉偉矢院長)は19日、静内警察署で「高齢運転者に係る交通事故抑止に関...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

根室新聞

ビザなし訪問団 伝統芸能や工芸で交流【根室】

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...