北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ベニザケ海面養殖試験 港内にいけすを設置【根室】

 根室市ベニザケ養殖協議会(会長・大坂鉄夫根室漁協組合長)は17日、根室港中防波堤付近に海面でのベニザケ養殖実証試験を行うためのいけすを設置した。事務局によると、18日にベニザケの稚魚の搬入を予定しており、いよいよ海面での実証実験がスタートする。

海面でのベニザケ養殖実証試験に向けていけすを設置した

 同協議会は、平成28年から北海道区水産研究所(北水研)が水産庁から受託して「ベニザケの海面養殖技術の開発」に向けた研究が行われ、ベニザケの海水飼育に係る適水温や成長・成熟等の基礎情報が明らかになってきたことから、これらの成果を踏まえた海面での実証実験に進むための受け皿として、昨年4月に設立された。

 北水研のこれまでの研究成果では、「生食向けの新しいサーモン」としてのベニザケであれば、根室地域の冷涼な海域特性を利用することで新規産業としての優位性も期待できるとされていた。

 これを受け、同協議会では、国内初のベニザケ海面養殖に挑戦するため、当初陸上施設で2年半かけて200グラムまで稚魚を育成した後、令和2年の春から海中で7カ月間、約1キログラムに育てることを目標に計画したが、予定より早く200グラムに達すると見込まれる稚魚が200尾程度現れたことから、1月に開催された総会で、計画より1年早く試験を行うことを決めていた。

 また、実証試験は5月下旬から予定していたが、海水温が上がらず、稚魚を飼育している標津サーモン科学館との水温の差が大きいことが判明。えさを食べずに成長しない恐れがあると考えられたため、いけすの設置時期を当初より遅らせていた。

 17日は午前9時ごろから漁業者、市内各漁協、市などから15人が参加していけすの組み立て、設置作業を行った。いけすは直径3メートル、深さ3メートルの円筒形で、周りには縦、横5メートルの足場が組まれている。

 事務局では「海面飼育で成長のスピード、生き残りをまずは確認していきたいと思っている。将来的な事業化に向けては費用対効果を確認する中で検討して、最終的には協議会の中で方向性を見極めていきたい」と話している。18日には稚魚を入れて海面での実証実験をスタートさせる考えだ。

関連記事

根室新聞

未入力

 日本側から今年度5回目となったビザなし交流訪問団が19日、訪問先の国後・色丹両島から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。国後島では富山県の獅子舞披露とガラス工芸で...

根室新聞

共同経済活動ロシア視察団 破砕設備や水処理に関心【根室】

 北方四島での共同経済活動の優先プロジェクト5項目のうち、ごみ処理分野の具体化に向けたロシア側初の視察団が19日から23日にかけて、市内のゴミ処理関連施設を視察している。20日は市ごみ埋立処理場を...

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...