北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「カジカ」バーガー開発 前浜産使用、豊かな味わい苫小牧漁協女性部

苫小牧漁協女性部が開発したカジカバーガー

 苫小牧漁業協同組合女性部(山口加津子部長)は前浜産のカジカを使ったハンバーガーを開発し、夏に開催する地元イベントで販売する。食材としての認知度は低いものの、味は抜群というトウベツカジカの活用法を探ろうと5月から試作を重ね、白身フライをパンで挟み込むバーガータイプにした。今月28日の苫小牧アートフェスティバル会場と、8月2日のとまこまい港まつり会場で限定販売する。山口部長は「好評なら今後もイベント会場で販売したい」と意欲を見せている。

 トウベツカジカは北海道から東北にかけて分布。苫小牧沖でも通年で水揚げされているが、知名度が低く価格も安いため市場にはあまり出回らない。調理も一手間かかるため一般家庭にも浸透していないが、漁業関係者の中では白身の豊かな味わいが人気だ。

 同女性部はこれまでも地元の海産物を使ったオリジナルメニューを開発し、イベントなどで販売。今年も女性部の活動拠点「浜の交流館」(市内汐見町)で試行錯誤を重ねながら試作し、カジカのフライを挟んだハンバーガーとして納得する味に作り上げた。

 山口部長は「サクサクの衣にふわふわの白身フライ。そこにタルタルなど2種類のオリジナルソースをかけ、道産野菜を載せてパンで挟んだ自慢の一品」と胸を張る。

 今月28日に末広町の出光カルチャーパーク(市民文化公園)で開かれる苫小牧アートフェス会場で午前10時から30食(1個当たり税込み300円)、また、とまこまい港まつりでは2日午後5時から100食(ドリンク付きで1個500円)をそれぞれ限定販売する。

 山口部長は「今後のイベントに向け、他にもいろいろな味を増やしたい。活動場所である浜の交流館も広く知ってもらい、市民の皆さんと活用する機会を増やしたい」と夢を膨らませている。

関連記事

十勝毎日新聞

高級食パン 行列のオープン エイムカンパニー【帯広】

 エイムカンパニー(帯広、佐藤慎吾社長)が運営する高級食パン専門店「大地はドラムと優しい麦」が20日、帯広市西8南14にオープンした。初日は朝から多くの客が列をなし、開店を待ちわびる姿が見られた...

十勝毎日新聞

パンにも合う新チーズを 異業種で開発中【十勝】

 広内エゾリスの谷チーズ社(新得町、寺尾智也代表)を中心とする管内の異業種グループが、新たなチーズづくりに取り組んでいる。目指すのは「熟成や味わいがラクレットとモッツァレラの中間でパンにも合うチー...

苫小牧民報

「山線湖畔驛弁当」を発売 支笏湖温泉商店街6店舗

 千歳市の支笏湖温泉商店街の飲食店全6店舗が19日、王子軽便鉄道ミュージアム山線湖畔驛にちなんだ「山線湖畔驛弁当」を毎日数量限定で発売した。  今年1月に園地内にオープンした「山線湖畔驛」は新...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

トテッポに十勝の花ケーキ 蜷川展コラボ【帯広】

 十勝トテッポ工房(帯広市西6南17)が販売している、十勝産食用花を使った新作のケーキ「ni-na(ニーナ)」が、連日売り切れになるなど好評だ。  ニーナは、19日から道立帯広美術館(帯広市...