北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「課題はすべてクリア」【様似】

アポイ岳ジオパークの世界再認定審査につい て講評するポウ氏(中央)とユンハイ氏(右)

【様似】ユネスコのジオパーク計画審査グループから派遣された2人の審査員により、15日から実施していたアポイ岳ジオパークの世界再認定現地審査が18日終了した。再認定結果は来年3月に発表される。

 世界再認定審査は4年に1度で、2015年に世界ジオパークに認定されたアポイ岳ジオパークは初となる。ともに地質が専門の審査員の英国のニコラス・タルボット・ポウさん、中国のチャン・ユンハイさんが、16日から18日にかけ町内を精力的に視察し関係者から話を聞き、18日午後に講評後、離町した。

 18日の講評や記者会見で2人は、「皆さんの温かいおもてなし、地域の皆さんの情熱が伝わった」「一生懸命頑張っていることが分かった」「様似は小さな町だが、いろいろなものを持っている豊かな町」などと感想を述べた。

 また、「地質だけではなく、人々との関わりでジオパークは成り立っている」と強調。国内外に積極的にアポイ岳ジオパークやかんらん岩の魅力を発信し、多くの人に来てもらうことが大事」とし、「4年前の世界認定時に挙げた12の課題はすべてクリアしている」と話した。

 様似町のジオパーク関係者にとって好印象を受ける講評だったが、昨年の国内ジオパーク再認定審査でも審査員からは「改善点が多く、非常に努力し、進歩の跡が見られる」など活動を好評価するコメントが大半を占めた。しかし、2カ月後の審査結果は認定期間が半分の「条件付き再認定」のイエローカードを突きつけられており、今回も「おほめの言葉が多く、かえって怖い」と感想を漏らす関係者もいた。

 来年は国内ジオパーク認定継続の正念場となる日本ジオパーク委員会による再認定審査がある。

  ◇  ◇  ◇

 「ユネスコ世界ジオパーク」は、地層や岩石、地形、火山、断層など地質学的な遺産を保護し研究に活用するとともに、自然と人間とのかかわりを理解する場所として整備し、科学教育や防災教育の場とするほか、新たな観光資源として地域の振興に生かすことを目的とした事業。ユネスコの国際地質科学ジオパーク計画が実施している。

関連記事

根室新聞

共同経済活動へ向け、ロシア側から初の訪問団【根室】

 北方四島での共同経済活動の実現に向け、ロシア側から初となる視察団が19日、根室入りした。視察分野は優先5項目のうち「ごみの減容対策」で、国後島のごみ処理会社社長ら4人が根室市資源再生センター...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 期待乗せ大型船が出漁【根室】

 農林水産大臣許可の道東沖のサンマ棒受け網漁で主力となる100トン以上の大型船の操業が20日に解禁され、花咲港からは30隻が午前0時ごろに漁場を目指して出漁した。今季はこれまでにサンマの水揚げがな...

苫小牧民報

秋の風物詩 インディアン水車でシロザケ捕獲-12月中旬まで

 日本海さけ・ます増殖事業協会千歳事務所=花園=は20日、構内に設置する千歳川左岸のインディアン水車(捕獲車)でシロザケの親魚の捕獲を始めた。千歳に秋の訪れを告げる風物詩は、12月中旬まで続く。 ...

日高報知新聞

二風谷で舟おろしの儀【平取】

【平取】アイヌ民族伝統の舟おろしの儀式「第50回チプサンケ」が18日、二風谷ダム沙流川左岸に設けた舟おろし場で行われた。  文化の伝承を目的にびらとりアイヌ協会などでつくる実行委員会の主催。町民...

日高報知新聞

サラ1歳 サマーセール開幕【新ひだか】

【新ひだか】サラブレッド1歳馬の競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)が19日、静内神森の北海道市場で開幕した。22日まで4日間の日程で1270頭が上場登録している。  サマーセールは、日...