北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「幌泉灯台記念塔」が【えりも】

国の有形文化財に選ばれた幌泉灯台記念塔

【えりも】国の文化審議会が19日、柴山昌彦文部科学相に答申した国の登録有形文化財(建造物)に、本町の灯台公園にある「幌泉灯台記念塔」など道内から5件が選ばれた。この結果、道内の登録有形文化財(建造物)は計150件、うち日高管内は4件目となる。年内にも正式登録される。

 道教委やえりも町教委によると、同記念塔は、当時幌泉村だった昭和3年(1928年)に、えりも港に面する灯台山の頂上約17㍍に建築した鉄筋コンクリート造灯台(旧幌泉灯台)。町が港湾・公園整備のため国から譲り受け、昭和53年(1978年)に灯台山を切り崩し、位置的にはほぼ真下に公園のシンボルとして設置した。

 記念塔は四角柱の外観(塔上まで約8・5㍍)で、入口には半円アーチを付している。壁の隅部に角を落として面を取る唐戸面を施し、頂部に装飾的なコーニスを廻らし、歯状装飾のデンティルを飾り、屋上の灯火部に鉄枠の窓がある。

 国内鉄筋コンクリート造灯台の初期の形式をよく残す、造形の模範になっているというのが選定理由。

 幌泉灯台記念塔の登録有形文化財の指定について、町教委の川上松美教育長は「えりも港整備時に灯台公園に移築し、今年46回目を迎え8月に開催する『えりもの灯台まつり』のシンボルとして活用されている、町民誰もがその存在を知っている、地域にとって大切な建築物。町商工会青年部がボランティアで色を塗り直してくれるなど、町民が愛着を持っている」とし、「昭和初期のデザインを残し、内部にも一部当時の付属設備が残っている。今回の登録有形文化財の指定を励みに、今後とも文化財として大切に保存活用していきたい」とコメントしている。

 ほか、今回道内から選ばれたのは「函館公園こどものくに空中観覧車」(函館市)、「網走市立郷土博物館本館」と「同館新館」(網走市)、「大野家住宅主屋(旧大野組事務所兼主屋)」(士別市)。

 これまで日高管内の登録有形文化財(構造物)の指定は、平成12年(2000年)4月に平取町の旧マンロー邸(北大文学部二風谷研究室)、26年(2014年)12月に日高町の飯田家住宅座敷棟、27年(2015年)11月に日高町の飯田家住宅主屋。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタと馬車 街中ラン【帯広】

 サンタクロース姿で街中を練り歩き、病院や児童養護施設でクリスマスを過ごす子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るイベント「北海道サンタランinとかち2019」(実行委員会主催)が14日、帯広市中...

十勝毎日新聞

カーリング場今季も始動 始球式に続き大会も【池田】

 池田町カーリング場(西1ノ1)の今シーズンのオープン式が13日夜に行われた。始投式に引き続き、池田カーリング協会(松浦穣会長)主催の協会杯大会も開幕した。  リンクは約1400平方メートルに...

十勝毎日新聞

女性起業家「アワード」谷口さんがノミネート【本別】

 企業と女性起業家のマッチングイベント「J300アワード」に、町内の管理栄養士谷口まどかさん(47)がノミネートされた。女性起業家を支援する会社コラボラボ(東京)の主催。同アワードはフェイスブッ...

函館新聞

クリファン会場で「ひろさきナイト」盛況【函館】

 今回で9年目になる青森県弘前市のPRイベント「ひろさきナイト」が15日、「はこだてクリスマスファンタジー」開催中の金森赤レンガ倉庫特設ステージなどで開かれた。北寄りの風が強く吹き付ける中、津軽...

函館新聞

函館市民スケート場オープン 家族連れら初滑り楽しむ【函館】

 函館市民スケート場(金堀町10)が14日、今季の営業を開始した。小雨模様の中、待ちわびた親子連れらが来場し、今シーズン初滑りを楽しんだ。オープン期間は来年2月16日まで(12月31日、1月1日...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス