北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

フロンティアが温泉街にハンバーガーショップ開設【登別】

障害のある人たちの働く場や活動紹介発信として運用されるイレンカ

 社会福祉法人ホープ(白老町)の就労継続支援B型事業所・フロンティア登別(山田大樹施設長)は、登別市登別温泉町にハンバーガーショップを開設した。地元食材を活用したメニューを提供し、今後障害のある人たちの施設外就労の場として活用していく方針だ。

 メインストリート・極楽通り沿いの個人商店跡を活用して、15日にオープン。地元食材を用いたメニューとして白老和牛バーガーのほか、のぼりべつ豚のチャーシューバーガー、エゾシカのジビエザンギバーガーを用意。現在は職員と施設利用者の計4人で担当し、8月からフロンティア登別の施設外就労の場所として運用していく方針だ。

 山田施設長は「地元企業から肉やパンを仕入れることができたほか、味の確認の面でも協力を得られました。たくさんの人たちに支えられました」と感謝する。店舗内には、フロンティア登別で扱っている鬼やクマをデザインに用いたスプーン、アイヌ文様を施したネックストラップ、ポケットティッシュケースなども販売している。「地域への情報発信の意味合いも込めています。障害のある人たちの活動を知ってもらう機会になれば」と期待を寄せる。

 新たなメニュー作りも検討している。山田施設長は「店内では接客や調理などさまざまな仕事がありますが、全てができる必要はなく、お客さんに笑顔で商品を渡せることができればいいと思います。働くことへの楽しさを体感してもらいたい」と話す。

 店名は「イレンカ」。アイヌ語で希望・理想を意味するという。たくさんの人が集まる場所になってもらいたい―。そんな思いが込められている。

関連記事

十勝毎日新聞

「十勝夕暮れコーラ」人気 本州居酒屋で提供【十勝】

 道産のてんさい糖などを使ったオリジナルクラフトコーラ「十勝夕暮れコーラ」の人気が高まっている。4月の完成直後は、十勝管内の飲食店での提供が大半だったが、7月からは首都圏と関西で展開する居酒屋チェ...

十勝毎日新聞

柳月「あんバタサン」連日完売 なつぞらの菓子そっくり【音更】

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」効果で、柳月(本部音更)の菓子「あんバタサン」の人気が急上昇し、連日完売している。劇中に登場した菓子がこの商品に酷似しているとし、SNSなどで話題になった。 ...

苫小牧民報

一休そば、低糖質の生そば 19日、大手通販サイトから全国販売

 一休そばグループ(本社・苫小牧市有明町)は、低糖質でおいしさにこだわったダッタンそば「さらり」を、インターネット上のバーチャルモール「楽天市場」を通じて19日から全国販売する。健康志向で低糖質...

十勝毎日新聞

肉・丼まつり増強 「ブランド知って」 9月8日【清水】

 第2回十勝清水肉・丼まつり(実行委主催)が9月8日午前10時~午後2時、町有明公園で開かれる。大盛況だった昨年の初開催からさらにバージョンアップし、畜産のまち清水を象徴する肉づくしの16メニュー...

十勝毎日新聞

朝カレーも十勝づくし スーパーホテル【帯広】

 8日にグランドオープンした「スーパーホテルPremier帯広駅前」(帯広市西3南10)は、朝食バイキングで十勝産食材にこだわった「スーパー帯広カレー」を提供している。帯広物産協会と協力、チーズ...