北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

閻魔やきそばの食べ比べを楽しむスタンプラリーが展開中【登別】

辛さのレベルをトウガラシのマークで表しているマップ

 ご当地グルメ・登別閻魔(えんま)やきそばの食べ比べを楽しむスタンプラリーが、登別市内で行われている。11月16日までの期間、参加22店のうち、異なる2店舗でスタンプを集めて応募すると、抽選で豪華景品が当たる内容だ。

 登別閻魔やきそばの会(名畑泰昌会長)の主催で5回目を迎える。これまでは3店舗分のスタンプが必要だったが、より参加しやすいように、集めるスタンプの数を2店舗分に変更した。スタンプを集めて応募すると、閻魔大王からのご褒美として、登別温泉宿泊券などが抽選で当たる。

 参加店を紹介するMAPのデザインも一部リニューアルした。参加店で提供される登別閻魔やきそばの辛さのレベルを、トウガラシのマークで1~5段階で表現している。辛みの感じ方には個人差があり、店舗によって辛さの度合いは異なるものの、好みの辛さを探すヒントになりそうだ。

 問い合わせは登別商工会議所内の同会事務局、電話0143・85局4111番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...