北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

元気な泣き声を響かせる・子ども、赤ちゃん相撲大会【名寄】

深海山関=右=、播磨灘関に抱かれ、元気に泣く赤ちゃん

 名寄神社例大祭奉納子ども相撲大会・赤ちゃん相撲大会(一心泣き相撲)が5日に市スポーツセンター土俵で開かれた。大相撲の力士に抱かれた赤ちゃんが元気よく泣き声を上げたり、子どもたちが激しく体をぶつけ合って力や技を見せるなど、土俵を大いに沸かせた。

 名寄相撲協会(長谷川良雄会長)が主催する恒例の例大祭奉納行事。年々、人気が高まっており、今年も大勢の子どもたちと赤ちゃんが集まるとともに、応援力士に大相撲・尾上部屋の深海山関と播磨灘関を招いた。

 取組は赤ちゃん相撲からスタート。健やかな成長を祈願することを狙っており、先に泣いた方が勝ちというルールで進行した。

 化粧まわしと鉢巻きを身にまとった赤ちゃんが、深海山関、播磨灘関にそれぞれ抱かれながら土俵入り。

 互いに顔を合わせた後、行司の「はっけよーい!残った!」で取組開始。「残った!残った!」の大きな掛け声に驚いてしまい、赤ちゃんが「わーん!」と元気よく泣き声を上げる様子に、会場からは笑いや声援、拍手が沸き起こっていた。

 続いての子ども相撲は、学年別の個人戦と1人で3連勝を目指す「3人勝ち抜き戦」を行った。土俵上では、互いに激しく体をぶつけ合いながら、果敢に攻め込んで相手を寄り切ったり、突き押したり、豪快に投げるなど、力の強さと巧みな技を見せ付けた。

 深海山関、播磨灘関と大勢の子どもたちが綱引きに挑戦し、力士を負かしたことに大喜び。子どもが力士と1対1で相撲を取り、精いっぱい力をぶつけたものの、体を高く持ち上げられて苦笑い。子どもたちが力を合わせて深海山関、播磨灘関を土俵際に押し付けて負かしたり、記念撮影するなど、お相撲さんとの触れ合いを楽しんでいた。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...