北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河は涼しくて最高【浦河】

池田町長を表敬訪問し、懇談した馳さん(左)

 浦河町出身の小説家、馳星周さん(54)=本名・坂東齢人=が、7月から9月まで西幌別で夫人と愛犬2頭とともに体験滞在している。競走馬の世界や馬産地浦河を題材にした小説の準備を進めていて、「浦河は涼しく犬も喜んでいる。来年も来ます」と話している。

 馳さんは小学5年生まで浦河町堺町小に通い、教員だった母親の異動で日高町富川に移った。苫小牧東高、横浜市立大文理学部卒業後、1996年のデビュー作「不夜城」がベストセラーとなり、直木賞候補にもなった。

 その後の小説も注目を集め、2015年の「アンタッチャブル」まで6作品が直木賞候補になっている。

 夏の移住体験は、昨年7月に浦河町で収録のNHKのテレビ番組に出演し、夫人も同行したのがきっかけ。

 40代初めから住んでいる長野県軽井沢町は比較的涼しい所だが、「最近は連日30度を超える日もあり、犬もばてている。ところが浦河に来たら18度だった」。加えて、夫人が昨年から急に競馬や馬好きとなったこともあり「妻から『浦河に行こう』と勧められ、もう実家はないが、犬を連れて短期移住を決めた」という。

 7月上旬から牧場関係の社宅を借りて、仕事を兼ね、9月上旬まで滞在している。

 大の愛犬家で、毎日の散歩は欠かせない。西幌別の谷川牧場の好意で、牧場で使用していない広大な放牧地が2頭の〝ドッグラン〟になっている。「おいしい浦河の特別栽培米もいただき、浦河の人たちに大変お世話になっている」と感謝している。

 少年時代の記憶は鮮明で、よく通った銭湯の「まさご湯」や映画館「大黒座」が残っていることに感激。今年冬にも執筆にかかる予定の浦河を舞台にした馬の小説は「競走馬の世界は華やかだが、馬を生産する人たちとの関わり、走らない馬やケガでたどる裏の世界もある。この表と裏の世界を描ければ」と話している。

 5日には池田拓町長を表敬訪問し、懇談した。

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...