北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

港風景、心像画など…美術協会会員「二人展」【登別】

港や猫にスポットを当てた諏訪さんの作品

美しさとはかなさを感じる作風が並ぶ赤谷さんの作品

 登別美術協会の第10回会員企画展が8日、登別市登別温泉町ののぼりべつ文化交流館カント・レラで始まった。同協会の発展に確かな功績を残した諏訪英雄さん(故人)、赤谷良文さんの作品を紹介する「二人展」として、作風が色濃く反映された23点を飾っている。

 諏訪さんは1921年(大正10年)、礼文郡船泊村(現宗谷管内礼文町)生まれ。63年(昭和38年)全道展奨励賞。85年全道展会員。勲五等双光旭日章、登別市功労賞を受けた。2011年(平成23年)に亡くなった。赤谷さんは室蘭市生まれ。1989年北海道美術協会賞。90年登別文化協会芸術賞。95年道展会員。各種団体や絵画教室で講師として活躍している。

 昨年8月、同協会創立40周年記念特別二人展でも諏訪さん、赤谷さんの作品を並べた。今回は昨年展示できなかった作品を飾った。諏訪さんの作風は、漁にスポットを当てた内容が中心。「漁夫」「漁港」は、港で魚の荷揚げなどで活気づく風景を捉えた。猫にスポットを当てた作品も並んだ。「猫族」はF120号のサイズに複数の猫を描いており、キャンバスの中に隠れている姿を探すのも楽しい。「同居家族」は女性に抱っこされるのどかな光景。

 「強い力があっても、いつかは悲しい終わりを迎えることを、一環としたテーマに掲げています」と話す赤谷さんの作品は心象画。「黙」は、チェルノブイリ原発事故で生活を追われた人の苦しみを表現。「不安な刻~静」は、女性がテーブルに崩れるように顔をうずめる姿を描いた。いずれの作品も人物の表情はうかがい知れないが、美しさとはかなさが表裏一体となった仕上がりだ。

 31日まで。午前10時~午後5時。最終日は午後3時まで。

関連記事

室蘭民報

交友広げに来て、紋鼈寺が1日限定でバーに変身【伊達】

DJも登場、にぎやかに  伊達市末永町の紋鼈寺(もんべつじ)が1日限定でおしゃれなバーに変身するイベント「ミュージックバーもんべつじ」(寺ディスコ実行委員会主催)が25日午後4時から、同寺ホールで...

室蘭民報

ワクワク夜のニクス城、恵庭の児童が1泊ツアー【登別】

 札幌の旅行会社・クローバープランが企画した「夜の水族館ガイド&ニクス城一泊ツアー」が18日から1泊2日の日程で、登別市登別東町の登別マリンパークニクスで行われた。恵庭市の小学校1~4年生27人...

室蘭民報

言泉学園が26日に開設70周年公開記念講演を開催【室蘭】

共生社会の実現を  室蘭市母恋南町の障害児入所施設「室蘭言泉学園」は、昨年6月に開設70周年を迎えた。施設を運営する母恋北町の社会福祉法人室蘭言泉学園(菅野登一郎理事長)は、26日午前10時か...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

今年は「氷」が主役 少雪で迷路登場 エコパ冬まつり【音更】

 雪遊びイベント「エコパ冬まつり」が19日、音更町十勝川温泉の道立十勝エコロジーパークで開かれた。記録的な少雪のためイベントの半分が中止となったが、子どもたちは代わりに登場した氷の迷路などを楽し...