北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ホタル観賞900人突破 朝陽公園で開催9日間【士幌】

 4日まで朝陽公園で開かれたホタル観賞会(町主催)の来場者が、開催期間中の9日間で991人に上り、1日当たりの平均が100人を超えた。記録が残る中で900人の大台を突破したのは、14日間開催した2006年の942人以来となるにぎわい。町観光協会は、好天で気温が上がりホタルの数も多かったことが増加の要因とみている。

ホタル観賞会が開かれた朝陽公園

 ホタル観賞会は、下居辺地区公民館活動推進委員会、しほろ自然環境に親しむ会、町観光協会が連携して開催している。今年は7月26日から8月4日まで開かれた。初日は雨で中止となったため、開催期間は9日間。毎日午後7時半から同8時半までの1時間、観賞することができた。

 町内にはかつて水田もあり、ホタルが生息していた。しかし、1958(昭和33)年ごろから、環境の変化などで、ホタルが見られなくなった。

 そのため、同地区の住民らが昔の光景を取り戻し、「ホタルを見たことがない子どもたちに、ホタルを知ってもらいたい」との思いで養殖を始めた。92年ごろからホタル観賞会を開催。最近は養殖していないが、これまでの環境維持活動によって自然に繁殖するようになった。

 当初からホタルの養殖や保存に携わる藤内亨一さん(84)は「子どもたちにホタルを身近に感じてもらい、自然環境を守ることでホタルが育つということを知ってほしい」と話す。

 町観光協会は、2年前から観賞会開催に協力している。子どもたちに見に来てもらえるよう、ホタルの生態を解説したチラシを町内の学校に配布。今年は、願い事が書ける短冊を会場に用意するなど、来場者を増やすよう工夫した。

 その結果、最近3年間の来場者数は、2017年615人、18年858人、今年991人と増加傾向にある。観賞会に携わる町商工観光労働担当の木下雅子さんは「今年は、初めて来たという来場者が多かった感じがする。昔からホタルに携わる人たちの思いが子どもたちに伝わり、ホタルのすむ里がこれからも残せれば」と話した。

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...