北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

星の庭 憩いの場に 帯北高生ら苗植え【帯広】

オープンに向け、苗を植える施設利用者と帯広北高の野球部員ら

 帯広市内のサービス付き高齢者向け住宅「あやとり」と介護老人保健施設「かけはし」(ともに稲田町基線2)に隣接して、地域交流の場を目指す庭園づくりが進み、26日から一般開放される。名称は「北斗福祉村ガーデン 星の庭」。施設利用者だけでなく、近隣住民の憩いの場となるようイベントなども展開していく予定だ。

 「-星の庭」は社会医療法人北斗(帯広、鎌田一理事長)が整備。運営する両施設の間の敷地にあり、広さは約3000平方メートル。サクラやカエデのほか、ブルーベリーなどの果樹、ナスやトマトなどが植えられている。

 「かけはし」の園芸療法士剱持卓也さんは「この庭をきっかけに多世代の交流を促し、生きがいづくりのコミュニティーにしたい。ここに人が集まるような仕組みも考える」と話す。

 オープンに向け、6日には近隣の帯広北高校(奥野淳一校長)から野球部、ボランティア局などの生徒約60人が訪れ、施設利用者や職員と共に宿根草1200株の苗植えに励んだ。宿根草は何度も芽を出し、花を咲かせる多年草の一種。剱持さんから植え方の説明を受け、生徒や利用者は会話を楽しみながら作業に取り組んだ。

 利用者の高田ちと子さん(85)、小栗峯子さん(85)、尾崎恵美子さん(79)は「高校生は孫のようでみんなかわいい。窓から、きれいな庭を見られるのが楽しみ」と笑顔。同校野球部キャプテン(2年)は「地域の方には応援などでいつもお世話になっている。プレーはもちろんだが、こういう場面でも恩返ししたい」と話した。

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...